忙しい人のための正しい夜食の取り方!

夜遅いと食事がとりにくい…

一人暮らし 夜食一人暮らしは栄養が偏りがちで、その解決法は栄養バランスの取れた自炊をすることです。

しかし仕事が忙しくて毎日帰ってくるのが遅い人は自炊をする時間がなく、また夜遅く食べると脂肪として吸収されやすくなるため、一人暮らし女性の方はなかなか食生活の管理が難しいですよね。

栄養もとらなければならないので、ずっと忙しい時期がつづく場合かなり危険な状態になります。
なので夜食はいけないと思い詰めずに、お腹がすいた時は正しい夜食の取り方で乗り切りましょう!

夜21時以降の食事は控えよう!

夜21時以降の夜食は消化機能が低下し、胸焼けや胃もたれの原因になります。
また、胃に負担をかけると肌荒れなどのトラブルの元になるので、いいことはありません。
できるなら21時以前に食事は済ましておくことが大事です。

どうしても夜食を摂る場合は?

21時まで食事をとることができず、やっとの思いで家に帰ってきたらお腹はペコペコです。
そんな状態で次の日の胃もたれが…なんて考えていられませんよね。

そんな時は消化のいい夜食をとりましょう。

炭水化物を控え、野菜やきのこ、豆腐などをつまむ程度がいいですね。
夜の揚げ物は魅力的ですが、絶対NGです!!

温かい食べ物で夜食しよう!

冷たい食べ物は体温を下げ、代謝を下げてしまいます。
ただでさえ夜は代謝が下がっているのに、さらに消化不良を起こします。

ノンオイリーな調理法で夜食!

焼く、炒める調理法は油を多く使うのでカロリーが高いです。
煮る、茹でる、トースターや電子レンジを活用するなど、ノンオイリーな夜食を心がけましょう。

週間にすれば毎日快調!

一人暮らし 夜食夜遅くても、食材を考えればある程度不調を抑えることができます。
面倒くさがらず、健康的な夜食をとるように管理しましょう!

関連記事はこちら☆
一人暮らしは栄養失調になりやすい?
一人暮らしで不足しがちな栄養素!

優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です