食材を無駄にしないように!冷凍保存に適さない野菜

前回は冷凍保存に適した野菜を紹介しましたが、今回は適さない野菜を紹介したいと思います。
冷凍してからでは遅いので、この記事をさっと見てざっと把握してください!

どんな野菜保存に適さない?

一人暮らし 

基本的に水分が多い食材や職物繊維の多い食材は、あまり冷凍保存には適さないと考えると判断しやすいと思います。(調理によっては冷凍保存可能)

じゃがいも

一人暮らし

じゃがいもは生のまま冷凍してしまうと組織が壊れ、変な食感になってしまいます。そうするとどうにも締まりのないじゃがいもになってしまいます。

どうしても冷凍するならマッシュポテトなどに調理してからがいいでしょう。
でもじゃがいもは常温で十分保存がきくのでわざわざ凍らせる必要はないですね。

キャベツ

一人暮らし

シャキシャキ感が持ち味のキャベツですが、冷凍してしまうとシャキシャキ感が損なわれてしまいます。
しかし、サラダの用途に使わないなら冷凍してもいいでしょう。
ザク切りにしたり、茹でた後でも冷凍できます。

もし冷凍したキャベツを使うなら、生ではなくスープの具材するか炒め物にするといいでしょう。

レタス

一人暮らし

キャベツと同じ理由で、シャキシャキ感が失われるため冷凍保存に適さないと言われています。解凍すると水分が出てしまいベチャッとして色も悪くなります。

冷凍保存は本当にNGのようです。
しかしキャベツと同様、生で食べるつもりじゃないならOKです。
ジップロックに入れてから冷凍しましょう。

温室解凍せずに凍ったまま料理に使います。
ただし炒め物にするにしても水分が出てしまい料理の邪魔をします。
なのでスープの具材オンリーと考えましょう。

まあ、冷凍保存するなということですね(笑)

きゅうり

一人暮らし

ほとんど水分でできているきゅうりは、冷凍したらあのシャキシャキ感は確実に落ちます。なので、できれば新鮮なうちに食べたいところですが…

旅行などで出かけて長期間家を空ける時や、もらいものでたくさんもらって食べきれない時など、余儀なく保存しなければならない時もありますよね。

きゅうりは塩もみしてから冷凍すると、多少はシャキシャキ感を保つことができます。塩もみしてからは水を切ってからジップロックに入れましょう。

ごぼう

ごぼうやたけのこは食物繊維が豊富なため、冷凍には適さないといわれています。
水分が失われ繊維だけ残るため、筋っぽい食感になってしまうためです。

軽く茹でてから冷凍して、調理する時は解凍せずにそのまま料理に入れてしまうのがベストです。しかし、食感と栄養は多少失われてしまいます。

まとめ

一人暮らし

どれも工夫次第では冷凍保存は可能ですが、活用できる料理が限られてしまったり、多少の食が落ちてしまうのはしょうがないことですね。

かまわずにガシガシ冷凍しているという人もいるので食材を傷ませるよりは深く考えずに凍らせてしまってもいいのかもしれませんね。

正しく保存して栄養をつけよう!冷凍保存と相性がいい野菜5選

2017.10.16
優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です