退去時にかかる費用について知っておこう!

気持ちよく引っ越すために

一人暮らし一人暮らしで新しい部屋へ引っ越すときは、なにかとお金がかかりますよね。
⇨初期費用についての記事はこちら

実家から引っ越すのではなく一人暮らしで部屋を変える場合は、新しい部屋の初期費用だけでなく、今住んでいる部屋を退去するのにも費用が発生するのはちゃんと知っていますか?

実は、退去時にかかる費用については、入居の際の契約時にあらかじめ決められていることが多いです。
いざ退去するときにトラブルにならずに気持ちよく引っ越すためにも、入居時に必要項目をしっかりと確認しておくことが大切!

今回は、一般的に退去時にかかるであろう費用について説明します!

 

原状回復費

退去するときに一番気になるのは、原状回復費。
原状回復を『入居時の状態に戻すこと』だと思っている人が多いのですが、実はそれは間違い。
正しくは『借主が故意・過失その他通常の使用を超えるような仕様による損耗・毀損を復旧すること』なんです!
つまりわざと汚したり壊したりしていないのならば、長く住んでいて古くなったりガタがきた部屋をきれいな状態に戻すための費用は通常支払う必要はありません。

敷金について

敷金が戻ってくるかも気になるところですよね。
原状回復にかかる費用を、入居時に支払った敷金から差し引いた額は借主、つまりあなたに返還されます。
ただし、『床を傷つけてしまった』『壁を汚してしまった』などの理由で原状回復費用が敷金をオーバーした場合は、追加で費用を支払う必要があります。
そういったことがないのに返還がないときは管理会社へ請求する権利があるので、入居時に取り決めた原状回復費と敷金についてはしっかりと頭に入れておきましょうね!!

原状回復の内容とは?

入居時に取り決めた原状回復費、具体的にはこんなことにかかる費用なんです。

ハウスクリーニング代
借主が退去した後に管理会社や物件のオーナーが業者に依頼してクリーニングする際の代金です。
1Kの部屋でだいたい2万〜2万5千円くらいが相場だとか。
ハウスクリーニング代を借主が負担するかどうかは契約に定められているはずなので、契約時にしっかりと確認しておきましょう。

壁紙や畳の張り替え代
退去すると、やはり管理会社やオーナーが壁紙や畳の張り替えを行う場合があります。
基本的には費用を負担する必要はありませんが、借主が故意や過失で傷つけたり汚した場合は、費用を負担することになります。
たばこの煙による損傷や変色についても、その分の負担は必要になります。
が、かかる費用から経年劣化分を差し引いた額を負担するというのが通例のようなので、かならずしも全額負担となるわけではなさそうです。

修繕費
その他故意・過失での損傷はすべて借主負担での修繕となります!
「普通に使っていただけなのに備え付けのエアコンが壊れた」などは、経年劣化になるので、借主が負担する必要はないですよ〜。

 

一人暮らしは最後まで気持ちよく!

一人暮らし退去時の費用については、あらかじめ決められていることが多いです。
なので、「退去のことは退去するときに考えればいいや〜」と流さずに、入居時に退去に関する契約内容もしっかりと確認しておくことがとても重要です!
そうすれば無用なトラブルも避けられますよ。
一人暮らしで、大家さんや管理会社を揉めたらとてもめんどくさいことになります。

そして余計な費用がかからないように、きれいに住むように心がけるといいですね。

一人暮らしは入居時も退去時も気持ちよく引越しましょう!

 

☆”引越し”に関するその他の記事☆
一人暮らしにかかる費用!敷金・礼金とは?
フリーレント物件とは?お得な点と注意点
引っ越し時の不用品回収は賢く計画的にすすめよう!

優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です