洗濯槽を洗うことでたくさんのメリットがある!

節約するなら洗濯槽を洗おう!

一人暮らし
一人暮らしの皆さん、洗濯槽は洗っていますか?
洗濯する機械だから洗わなくていいと思っている人が多いと思います。
でも、実はとっても汚れが溜まりやすいところ!
洗う衣類を詰めすぎたり、ひどく汚れたものをそのまま入れたりすると洗濯槽の中に汚れが残ったままになります。
そして、湿気がこもる場所であり裏側はカビがびっしり…

そうすると洗ってもむしろ汚れや臭いがついて返ってきます。
それでは味がなく、その水も無駄!
一人暮らしの皆さん!節約するなら真っ先に洗濯槽を洗うべきなんです!
それにカビがついてしまっている衣類やタオルを使っていたら衛生上良くありません。

節約のために、健康的な一人暮らしのために正しい選択をしましょう!

酸素系漂白剤できれいにしよう!

洗濯槽の掃除には酸素系漂白剤が有効です!

☆洗濯槽の洗い方

1.洗濯ネットを取り、お風呂の残り湯などのお湯を洗濯槽に満水の状態で、10リットルに漂白剤を100グラムほどの割合で洗濯槽に入れる。
2.洗いのみで5分ほど回し簡単なゴミを浮き上がらせ、ゴミを網などで取る。
3.排水はせず、水を貯めたまま2時間ほど放置。この間にゴミが浮き上がります。
4.もう一度洗いで回し、浮いたゴミを取る。
5.洗濯ネットを取り付け、すすぎ、排水、脱水をした後洗濯槽にゴミが残っていれば拭き取る。
6.洗濯ネットを洗う。

この手順をゴミや水の色が気にならなくなるまで続けます。
かなり時間がかかりますがほとんどが待ち時間なので、なにか作業をしながら行えば時間を効率的に使えると思います。

洗濯機のフタを開けておけば予防に!
選択し終わった後、洗濯機は湿気でムンムンです。その状態でフタを閉めればカビが繁殖しやすくなってしまうので開けておくことで乾燥できてカビ予防になります!

洗濯物を入れ過ぎない!

一人暮らし
詰め込み過ぎると洗剤が衣類の隅々まで行き渡らず、もしくは洗剤が溶けにくいため汚れが中に残ったまま、衣類も汚れたままで洗い終わります。
一人暮らしの人は節約と思い詰め込み過ぎる人がいますが逆効果なので注意!
これが洗濯槽を汚す原因にもなります。

時間はかかるけどやる価値あり!

一人暮らし
すべての家事を一人でやらなきゃならない上に明日も明後日も仕事と忙しい一人暮らし…一人暮らしは時間がなくて、なかなか隅々まで掃除をできないのが本音。

確かにの掃除は時間がかかりますが、3ヶ月に1度休みの日に片手間にやってみてください!
掃除後、洗った時汚れはびっくりするほど落ち、二度洗いはする必要もなくなるので水道代の節約にもなりますし
なにより清潔な衣類を着ているというだけで心は晴れやかです♪

関連記事はこちら☆
一人暮らしの人は注意!洗濯物の詰め込みすぎがNGな理由
一人暮らしの洗濯のやり方と洗濯物の干し方講座!
洗濯が失敗する例を学んで洗濯上手になろう!

 

優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です