洗濯機の掃除は酸素系漂白剤でばっちりカビ取り!

超簡単な洗濯機お掃除方法!

62d2482689428d6c5eb3bb76c8394fd5_s

洗濯機は洋服を綺麗にしてくれる生活の必需品!
そんな洗濯機が汚れていたら、洋服を洗っても雑菌まみれのままです。せっかく洗ったのに不衛生じゃ水も洗剤も労力も勿体無い。さらにカビなどは体に悪影響を及ぼしかねません。
洗濯機の掃除ってすごく面倒くさそう・・・と思っている人は多いと思うんです。しかし、掃除と言っても放っておくだけなので意外と簡単なんです!

洗濯槽は湿度が溜まりやすく、カビが繁殖するのにうってつけの状態となっています。
上から覗いてみるとピカピカとして綺麗に見えますが、洗濯槽の裏にはビッチリとカビが生えているものなのです。

では、ほぼ放っておくだけの簡単な洗濯機掃除の手順をご紹介します!

1.酸素系漂白剤を使う

洗濯機の洗濯槽のカビ取りには「酸素系漂白剤」を使います。粉末や液体の物が売ってますが、どちらでも大丈夫です。ドラッグストアなどで、500円ほどの値段で買えます。

塩素系を使わないようにご注意下さい。塩素系は洗濯槽の金属部分を傷めてしまう可能性があります。

2.洗濯機にお湯をはる

洗濯槽にお湯をはることで、洗濯機掃除の効果をアップさせることができます。40〜50℃くらいのお湯を使うことによって、酵素が活性化して汚れが落ちやすくなります。お湯を入れる目安ですが、洗濯機の満水まで入れましょう。

お風呂の残り湯を使うと、節約もできて手間も省けるのでとても簡単です。残り湯を使えない場合は、少し手間ですがバケツなどでお湯をためていきましょう。

3.酸素系漂白剤を入れる目安

酸素系漂白剤をどれだけ入れたらいいかと言うと、お湯10Lに対して酸素系漂白剤100gを入れます。かなりたっぷり入れることになりますが、酸素系漂白剤は環境や人体に優しいものです。

酸素系漂白剤が粉末だった場合は、別の容器などでお湯で溶かすと効果的です。

4.洗いで洗濯機を回す

隅々まで洗浄できるよう洗濯ネットを外します。次に、洗濯機を「洗い」で回し軽く洗浄します。この後、洗剤でつけこむので「排水」されてしまわないために「洗い」のみでやめます。

少し「洗い」で回すのには、酸素系漂白剤をしっかり溶かし洗濯機全体に行き渡らせる意味もあります。

5.ゴミが浮いてくるのですくい取る

5分ほど回していると、黒いゴミが浮いてくるので網などですくい取って下さい。網は100円ショップなどで売っているもので全然大丈夫です。針金ハンガーにキッチンのごみ取りネットを張り付ければ、網を自作することもできます。

6.漬け込んだまま放置する

2〜3時間ふたをして放置します。放っておいている間、酵素がカビやゴミなどの汚れをどんどん浮き上がらせてくれます。

ちなみに、一晩漬け込んでも大丈夫です。

7.少し回してすくってを繰り返す

漬け込まれた洗濯機は、汚れが浮いて落ちやすくなっています。「洗い」で洗濯機を2〜3回回し、汚れを浮き上がらせてすくってを繰り返します。洗濯機を回すことで、底に沈んでいた汚れも上がってきます。

小さな汚れは、排水する時に一緒に流れていくので目くじら立ててすくう必要はありません。

8.コース洗浄で綺麗に掃除

少し「洗い」で洗濯機を回してゴミを取り除いたら、洗濯機に残った水を「排水」します。洗濯ネットを取り付けて、水位を「高」に設定して最大まで入れ、洗剤も何も入れずに水だけで洗濯をするように「洗い」⇒「すすぎ」⇒「排水」⇒「脱水」までのコース運転で洗濯機を回します。

酸素系漂白剤の成分などが残っていたりするので、綺麗に洗い流します。お湯を使うことで、酸素系漂白剤は効果的に流せます。

9.乾燥させて掃除は終わり

綺麗に洗い流したら、洗濯機のふたを開けたままにして乾燥させれば掃除は終わりです!
どうでしょう、あなたの洗濯機は綺麗になったでしょうか!?

洗濯機の掃除する合図

a3c2fe51347eeab4760875a09028a6dc_s
洗濯機は1ヶ月〜3ヶ月に1度は掃除した方がいいと言われています。
洗濯機の調子がおかしいな・・・なんか洗濯物が臭い・・・など感じたら、それは洗濯機からのサインですので掃除してみましょう。

故障する前に掃除しよう

すぐに掃除した方がいい合図は、洗濯機の症状からわかります。
以下の症状がある場合、故障の前兆でもあるので早めに掃除してあげましょう!

  • 脱水時に変な音がする
  • 脱水ができない
  • 洗濯する時に水がたまらない
  • 脱水はできるけど、洗濯ができない
  • 水漏れする

衣類が臭いと感じたら掃除しよう

洗濯したのに洋服が臭い・・・なんて思ったら早めに掃除しましょう。その臭いの原因は主に「カビ」です。洗濯槽にこびりついているカビが衣類に付着してしまい臭いを放っているのです。カビは肌に付着したりするとニキビができたり、吸い込んでしまったりしたら病気を引き起こしたりもします。

清潔な洗濯機を保つコツ

a0022_000143
洗濯機を清潔に保てれば、せっかく洗った洗濯物がカビ臭い・・なんて事もありません。
定期的に洗濯槽の掃除をすることはもちろんのこと、洗濯機を掃除する以外にも洗濯槽を綺麗に保つ方法もありますのでご紹介します!

洗濯後はふたを開けておく

「ふたを開けておく」だけという、簡単なことですが効果は抜群です。洗濯した後の洗濯機は、湿気が多くカビの繁殖にうってつけです。そこでふたを開けて乾燥させることにより、カビが生えないようにすることができます。

洗濯物はこまめに洗う

洗濯物をためこむと菌が繁殖して、洗う時に洗濯機の中へと放り込むことになってしまいます。なので、出来るだけこまめに洗濯するように心がける事が大事です。

まとめ

酸素系漂白剤をお湯に漬け込み、回してゴミをとるというだけで洗濯機は簡単に掃除ができます。洗濯機が清潔でないと、衣類を洗っても不衛生なままでは意味がないですよね。洗濯機の掃除は1〜3ヶ月が目安と書きましたが、半年に1度くらいでも大丈夫です。掃除をするという意識が大事です!

掃除が大変だと感じたり、汚れが酷い場合などは専門業者に頼むのも手です。費用は15000円前後かかってしまいますが・・・。

洗濯機を掃除して、気持ちの良い清潔な生活を送りましょう!

優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です