【タイプ別】夏にたくさん履いたサンダルのお手入れ方法

靴も衣替え!

sand-274000_640

まだまだ暑い日が続きますが、サンダルなどの夏靴の出番も徐々に減ってくる時期ですね。

もう新しく秋の靴を買ったり、秋冬の靴を出した人もいるのでは?
夏にたくさん履いたサンダルはそろそろしまいましょう!

でも、夏場に活躍するサンダルは素足で履くことが多く、どうしても汗や皮脂、砂などで汚れてしまっています。
しっかりお手入れしないと、雑菌が繁殖して臭いがついたり、足のトラブルにつながります。

そうならないように、しっかりとお手入れしてからしまいましょう!
サンダルのタイプ別のお手入れ方法を紹介します☆

ビルケンシュトックタイプ

sandals-477436_640

毎年大人気のコンフォートシューズ。
おしゃれで履きやすいので、毎日履いていたという人も多そうですね。

汚れが気になりますが、ビルケンシュトック風のサンダルは『スエードレザー (本革)」を使用しているので、水に強くありません。
思い切り洗いたいところですが、耐久性や通気性が損なわれてしまうので水洗いはしない方がいいでしょう。

《基本のお手入れ方法》

  1. まずは汚れを落とします。
  2. 消しゴムタイプのクリーナーを使ったり、皮の汚れを落とします。
  3. 本革を使用している場合は、栄養を与えてくれるクリームを塗る。
  4. それでも落ちない汚れには、専用のローションを布につけて拭き取りましょう。
  5. 保管する場所は、湿気を避けたところにしましょう。

クロックスタイプ

shoes-739280_640

クロックスなどのラバー(ゴム製)サンダルは、雨でも気にせず履けて便利ですよね。

一見お手入れの必要はなさそうですが、ラバーサンダルには『ひび割れ』『黄ばみ』『硬くなる』『内側に臭いがこもる』などのトラブルがあります。

経年変化でひび割れたり、硬くなるのは防ぎようがありませんが、きちんとお手入れすれば衛生面をしっかり保ち長持ちさせることができます♪

《基本のお手入れ方法》

  1. 雑巾で汚れを拭く。
  2. 水をはじく素材なので、丸洗いしてもOK!
  3. 乾燥剤を入れる
  4. 陰干しする

ラバーブーツ用の専用クリーナーを使えば、汚れを落として、さらに弾力性を保ってくれるのでひび割れも保護できますよ。

レザータイプ

shoes-357897_640

レザーサンダルは他のサンダルより少し上品に履けるので、男女ともに人気がありますね。
ちょっと高級な革製サンダルは、今年だけでなく来年も大切に履きたいところ。

でもお手入れには注意が必要です。
レザーは濡れると変色するので、水洗いは絶対にダメ!
アルコールが含まれているウェットティッシュなども、染みになる可能性があるので使わないようにしましょう。

《基本のお手入れ方法》

  1. 水で濡らしてよく絞ったタオルで全体を湿らせます。
  2. 足裏の汚れが付いている場合は、革用消しゴムでクリーニング。
  3. 汚れや染みが気になる場合は、クリーム上のクリーナーを使ってお手入れと栄養補給をするのもおすすめ。
  4. 風通しのよい場所で乾かします。
  5. 最後に保革剤や防水スプレーでケアしましょう。

リフレッシュして、また来年も♡

b13a9fc71622f3856db3cde3f33f165f_s

夏にたくさんお世話になったサンダルも、こうしてきれいにして保管しておけば、また来年も気持ちよく履くことができますね!

サンダルのタイプに合わせた正しいお手入れ方法で、来年まで保管しましょう!

スニーカーのお手入れ方法と洗い方を知って、お気に入りを大事に履こう♡

2016.03.26

玄関のにおいを撃退!今すぐできる靴の消臭法

2016.03.17
優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です