正しく保存して栄養をつけよう!冷凍保存と相性がいい野菜5選

冷凍保存を上手に活用して、見事節約を成功させている一人暮らしさんが多くいます。
しかし、それは正しいやり方でしょうか。

正しい冷凍保存をしないと、食材の栄養が損なわれたり、美味しく食べることができなくなってしまいます。これでは食材を捨ててしまうこととあまり変わりがなくなってしまいます。

しっかり野菜を食べているのにもかかわらず、栄養が身体に補われないなんて、とてももったいないことですし、怖いことです。

この記事でしっかり保存方法を学んでください☆

マイナス18℃以下で急速冷凍がカギ!

一人暮らし

野菜はマイナス18℃以下で急速冷凍すると、野菜の栄養を損なうことなく、見事冷凍保存できます。
これを実現するには急速冷凍機能がついている冷蔵庫を使うことが一番手っ取り早いですが、もうすでに冷蔵庫を持っていて、急速冷凍機能がついていないという一人暮らしさんは以下のような方法で急速冷凍と同等の効果を得ることができます。

金属製トレーで冷凍保存

金属製トレーをスーパーやホームセンターでいくつか買っておきます。
金属製トレーに野菜を入れて冷凍すれば、金属が急速に冷えて、中の野菜も急速に凍らせるという仕組みです。

とりあえず今すぐやりたい場合は、アルミホイルでも代用可能なので、金属製トレーを買うまで試してみてください!

冷凍保存に適した野菜は?

もちろん適した野菜、適さない野菜があります。
それをしっかり知っておくことで冷凍しても美味しい栄養たっぷりの野菜を時を越えて食べることができます。

もやし

一人暮らし

一人暮らしして、その傷みの早さにびっくりしたランキング1位に輝くであろうもやしさん。みんな一度は傷ませたり、腐らせたりした経験があると思います…

10円前後で売っているためについつい買いだめしてしまうことも原因の一つですが…

さて、そんなもやしさんは実は冷凍保存ととても相性が良い野菜です。
冷蔵保存できないなら冷凍保存です!

買ってきてそのまま入れてしまえばOK!

たまねぎ

一人暮らし

たまねぎはそのままでも常温保存がかなり効く野菜です。
しかしそのままだと皮を向いて切って…と調理に時間がかかってしまいます。

そういった時間を短縮したいという人は、千切りやみじん切りにした状態で冷凍しましょう。一度包丁が入ると急激に痛みやすくなるので調理しての保存は避ける人が多いですが、冷凍保存ならかなりもちますよ♪

調理の時もそのまま鍋やフライパンに入れることができて、毎回の料理がとても楽になります。

ほうれん草

一人暮らし

気づいたらヘタっていることが多いほうれん草ですが、冷凍すればOK!
コツとしては、生のまま冷凍した方が美味しく食べることができます。     

実は冷凍した方が甘みが増すなど、メリットもあるんです♪

ブロッコリー

一人暮らし

ブロッコリーもさっと茹でて水気を切ってから冷凍保存すれば、栄養分はそのままで冷凍保存することができます。ブロッコリーや冷蔵保存だと傷むのが早いのでとてもうれしいことです。

大根

一人暮らし

大根は寒い時期だと1ヶ月程度もちますが、温かい時期だと1週間程度が目安と言われています。1週間もあれば大丈夫だと思いますが、1本で買ってしまうと一人暮らしではかなり大きい上にカットされていれば、傷みは通常より早いためあまりもちません。

そのため、大根には冷凍保存が欠かせません。
調理して余った大根を生のまま保存してもいいですが、醤油や砂糖などの調味料に浸して冷凍保存すると、解凍した際に味が染み込んでいて調理に便利です。

まとめ

一人暮らし

正しい冷凍保存をすることで節約しつつ、健康的なご飯を美味しく食べることができます。
知らず知らずのうちに栄養が摂れていないなんてことにならないようにしましょう!

優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です