風邪薬を使わずに熱を下げる自然治療方法がすごい!

一刻も早く熱を下げたい時はどうすればいいの?!

9a2dc7ce7b8477203f19b1d5c1e5fff2_s

春に近づくにつれて気温が暖かくなったり急に寒くなったりしますよね。
ころころ変わる気温差に体がついていけず、風邪を引いて熱が出てしまった経験が一度はあるはず。

数ヵ月後には卒業式、入学式、新学期、入社式といった様々なイベントがあります。

式の前日や当日、新生活が始まってから数週間・・・
蓄積された緊張やストレスなどの疲れが原因で熱が出た~!!

なんてことになったら大変ですし、そう簡単には休めませんよね(汗)
一晩で熱を極力下げる方法をご紹介するので今後、熱が出た時に役立ててください☆

熱が出るメカニズムを理解して正しい方法で熱を下げよう!

風邪を引いて体がダルくなる、熱が出る理由は、体内に侵入してきたウイルスを
死滅させようと、体が一生懸命エネルギーを使って戦いに集中している状態です。

出来るだけ安静にしていることが風邪&発熱を早く直すことに後々繋がってきます。
発熱は体温を上げて免疫力を上げようとする行動なので、熱を無理に下げるのは逆効果!

STEP1 寒気がしてる時は体を温めて安静にしよう!

d422357449db7e6259e13e512fa64413_s

寒気がしている時は熱を出そうとしているチャンス!

  • お布団に入って体を温めて安静にすること
  • 汗をたくさんかくので水分補給は忘れずに
  • とにかくたくさん睡眠をとりましょう

頑張って汗をかこうとして重い布団を何枚もかけたり
厚着をしたりすると逆に熱がこもってしまうのでNG。

体の熱が足りない時に筋肉を震わせて発熱させているので、寒気がしている時に
頭や体を冷やしたり、お風呂に入ったり、風邪薬を飲んだりするのは逆効果です。

荒治療かと思うでしょうけれど、発熱の対処法は体を温め体温を上げて
汗をかいて熱を下げる「自然治療」が正しい熱の下げ方と言われてます。

風邪薬は風邪を治すものではなく緩和するものです。

なので、一時的に熱を下げて体が楽になるけど、効果が無くなると再び熱を出そうと寒気が起きることがあります。38度くらいの熱の場合は極力薬は飲まない方が良いでしょう。

※高熱が続くと脳細胞や体力へのダメージが大きくなるので、あまりにも辛い時は
風邪薬を服用して薬で熱を一旦下げましょう(体力の負担が減るので楽になります)

STEP2 熱が上がりきったら汗を拭いて体を冷やそう!

45b949cf912fc15c8700dbc15a1c2854_s

熱が上がりきって寒気が治まった時、ようやく体を冷やして熱を下げてOKの時です。

  • 汗をかいたままにしておくと体が冷えるので着替えること
  • 食事を取る元気があれば軽くで良いので何か食べましょう
  • アイスノンなど冷たい物で体を冷やしましょう

体を効果的に冷やすことができる場所は主に

  • 脇の下
  • 首周り
  • 太もものつけね

などの太い血管(動脈)を冷やすと熱を早く下げることができると言われています。

頭やおでこを冷やすと冷たくて気持ちがいいと感じて、気分的にすっきりする
だけでなので、熱を下げることに関してはあまり期待しない方がいいかもです。

STEP3 熱が出てる最中の入浴は元気があれば入ってもOK!

gahag-0039573480-1

昔は外にお風呂があったり、銭湯に通っていたりしていた時代でした。

家に帰ってくる間に湯冷めをしてしまうとのことで、熱がある時の入浴は
NGでしたが、今の時代は家の中にお風呂があるので入っても大丈夫です。

  • 熱が38℃以下で元気なら入浴OK
  • お湯の温度は39℃~41℃がベスト
  • シャワーは湯冷めするのでお湯に浸かりましょう
  • 半身浴も湯冷めするのでしっかり肩まで入ること

入浴後、湯冷めをしないように脱衣所やお部屋は暖めておきましょう。
それからお風呂に入ると汗をかいたり体温が上昇して体力が消耗します。

熱がある時や病み上がりの時は体力が消耗してます。
少しでも具合が悪かったり立ちくらみなどの症状がある場合は控えましょう。

まとめ

a08ae83a1c8a57ee66ec47e9b41e8c2d_s
  • 熱を早く下げるポイントは温める、睡眠、水分補給
  • 無理して汗をいたり風邪薬を飲んだりしないこと
  • 冷やすタイミングは熱が上がりきったらOK
  • 30度以下で体調が良ければお風呂に入ってもOK

おわりに…

gahag-0032631999-1

人間は自分の力でウイルスと戦い、熱を下げようとする免疫力が備わってます。

それを妨害しないように安静にするのが大事です。
休めない場合は、出かけたら早めに帰宅してたっぷり睡眠をとるように心がけてください。

3日過ぎても熱がなかなか下がらない場合は、他の病気も考えられます!
長引くようなら早めに病院に行くのをおすすめします。

ただの風邪の熱なら自然治療で治ることが多いので、正しい方法で熱をさげましょう☆.。.:*・゜

優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です