間取り用語を覚えておこう!

間取りを見てもさっぱり…

一人暮らし
一人暮らしで部屋を決めるとき、間取りは大切な部屋を決めるポイントの一つですよね!
しかし、一人暮らしをしたことない人なら、間取りを見てもキョトンとしてしまうはず。

不動産屋さんに聞くこともできますが、やはり自分で知っておいた方がなにかとやりやすいかと思います。
主に使われる間取り用語をまとめました!

室内の間取り用語

キッチン(K)

2〜4畳程度の料理をするためのスペースがあります。

ダイニングキッチン(DK)

4畳〜7畳程度の料理と食事をするためのスペースがあります。

リビングダイニングキッチン(LDK)

キッチンと食事ができるスペースが広くなり、居間として活用できるようになっています。

サービスルーム(S)

納戸ともいいます。居室は一定の基準を満たしていないと居室として認められません。
物置やフリースペースとして使われますが、広さなど決まるわけではなく、十分部屋として使えることもあります。

クローゼット(CL)

居室に設置されている主に衣服を収納するための棚のことをいいます。

ウォークインクローゼット(WCL)

歩いて中に入れるほどの大きさのクローゼットのこと。

ロフト

天井近くにあるスペース。
ハシゴで登り降りすることができ、物を収納することができます。

天袋

押し入れの上にある収納スペースのことです。

ユニットバス(UB)

トイレとバスが一体化している浴室だと思われがちですが、
本来は「浴槽、床、天井の繋ぎ目部分が一体化している浴室」のことを指します。
洗面台とバスが一体化しているものを2点ユニットバス、さらにトイレが一体化しているものを3点ユニットバスといいます。

屋外の間取り用語

ベランダ

外に突き出している屋根のあるスペース。

バルコニー

外に突き出している屋根のないスペース。

テラス

1階の屋外に突き出すスペース。
一人暮らしではほぼないと思いますが…

覚えておけば便利!

一人暮らし
頭に入れておくだけで、間取りを見た時に大体のイメージがつくようになります。
下見に行く前にざっとイメージができるようになると、ぐっと部屋探しが楽になるはずですよ!

関連記事はこちら☆
一人暮らしの部屋はどれがいい?間取りの違い!
一人暮らし定番の間取り1Kのいいところ!

優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です