傘が雨をはじかない!傘の撥水効果を復活させる方法

傘のメンテナンスしてる?

撥水 メンテナンス
これから梅雨が始まると手放せないのが、傘ですよね!
でもちゃんとメンテナンスしてますか?

傘も使い続けていくと、手の脂や汚れ、摩擦で撥水効果も弱くなってくるんです。

でも、撥水効果がなくなったからといって、買い換えるのはちょっと待って!!

家にある道具で、簡単に撥水効果を取り戻すことができるんですよ♪

 

ドライヤー

撥水

まずは、水をはじかなくなった布製の傘を濡らしたティッシュなどで濡らします。
そして濡らした部分をドライヤーで乾かすだけ!
撥水効果が戻ったかどうかは、たまに水を垂らしてみるとわかりますよ。

!! 注意 !!
ドライヤーの熱を傘にあてるのは、ドライヤーの正しい使い方じゃないので、くれぐれも気をつけてくださいね。
ビニール傘には効果がないばかりか変形する可能性があるので、試すのは布製の傘にしましょう!

 

アイロン

撥水 メンテナンス
アイロンをかけるという方法もあります。
傘はよく乾かしておきましょう。
アイロンは化繊で使用できる温度にセットします。
そして1駒ずつアイロンをかけていきましょう。

!! 注意 !!
アイロンを高温で使用したり、かけ過ぎには注意してください!
生地が溶けたりする場合もあります。
当然、ビニール傘にやるのもダメです!!

 

防水スプレー

一番お手軽なのが、防水スプレー!
まず天頂部分から、次に生地の折山に沿って噴霧します。
最後に全体に噴霧するのが上手にスプレーするコツです!

!! 注意 !!
手軽な方法ですが、その分効果もあまり長くは続きません…。

 

これで梅雨も怖くない!

撥水 メンテナンス
いかがですか?
家にある道具で撥水効果が復活するなら、次から次へと買い換えなくて済みますね!

今回紹介した方法は、フッ素樹脂を使用した撥水加工された傘が対象なので、長く使用した古い傘フッ素加工ではない傘には効果がありませんのでご注意を!

しっかりとメンテナンスをして梅雨に臨みましょう!

 

↓↓傘の正しい使い方はこちら↓↓
梅雨が来る前に知っておこう!傘の正しい使い方

優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です