一人暮らしでの自炊は出費が高いの?

自炊は実は高い?

自炊 一人暮らし
一人暮らしだと、自炊の方が逆に食費が高くなるという話があります。

「一人分の食事だと、食材が余ってしまい捨てることになる」
「自炊がお得になるのは2人から」

などの意見から一人暮らしで自炊は不利だということになっています。

しかし正確に買い物して、食材をさばいていけばやはり自炊の方が安いんです。
正しい自炊テクニックを身につけましょう!

食材を余らせない!

スーパーで一通りの買い物を済ませると数千円の出費になったりしますね。
これで1、2度の食事しか作らないならば、それは自炊の方が高くつくに決まっています。
いかにいろいろな料理に使うかが大事になってきます。

また、無駄に買い物をしすぎないこともポイント。
使うだろうと1つで足りる食材を2つ買ったりしてさばききれないとお金を捨てているようなものです。

料理のバリエーションを増やす!

一つの料理のために食材を買っていたら、食材を余らせる原因になります。
買い物の時に、ある程度食材の使い道を想定して買いましょう。

料理を作って、余った食材を違う料理に使えるスキルを身につければ食材を余らせることもないでしょう。

冷凍保存を活用!

一回一回料理していれば時間と高熱費が無駄になってしまいます。
なので、一度にたくさん作っておいて冷凍保存し、数回に分けて消費していくなど工夫すると時間とお金の節約になります。

自炊を安く済ませるのは高等テクニック!

自炊 一人暮らし
一人暮らしの自炊で安く済ませられていないのは正しい買い物や料理ができていないということ。
しかし、これはかなりの高等テクニック。

食材を余らせないために料理のバリエーションが豊富でなければならないので、料理上手の人でないと難しいでしょう。
複数なら多少買いすぎても処理しきれますが、一人暮らしだと一人分の食材の量が最初はわからなくて当然です。

また忙しく、家を空けることが多い人はなおさら難しいでしょう。
そういう場合は外食の方が都合がいい時はもちろんあります。

自炊と外食を場合によって使いこなすのが賢い方法ですよ!

優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です