じゃがいもの危険性を知って正しく調理しよう!

安全にじゃがいも料理を楽しむために!

料理 一人暮らし

じゃがいもはあらゆる料理に使え、健康にも良い万能料理ですが、処理を間違えると大変なことになるのは周知の事実ですね。
じゃがいもの芽には「ソラニン」という毒素が含まれているため、正しく取り除かなければなりません。

正しく美味しい料理を知っておくために必ず知っておきましょう!

正しい芽の取り方

へこんでいるところから芽が出てきていたら大きめにえぐってから調理しましょう。

そこで、へこんでいるところは全部えぐらなければならないのかという疑問があります。
へこんでいるところから芽が出てくる可能性がありますが、芽が出ていなければ問題はありません。

心配ならへこんでいるところ全てをえぐりましょう。

緑化したじゃがいもは要注意!

皮が緑色になっていた場合、緑の部分は全て取り除きましょう。

緑の部分にはソラニンが含まれていて緑化したじゃがいもを丸々1個食べた場合、最悪死に至ります。
中も緑でいくら取り除いても緑の場合は捨てた方がいいでしょう。

放置してたら発芽してしまった!

常温でも十分に保存が効くためについつい放置してしまいがち。
で、久しぶりに見てみると芽が出ていてしまった!

こうなってしまったじゃがいもって食べられるの?

大丈夫です。
伸びた芽を取り、芽が出たところを大きめにえぐってきれいに取り除き、皮をむけ通常通り食べることができます。

じゃがいもの保存方法!

日光に当たっていると発芽したり、緑化してしまいます。
なので直射日光の当たらない涼しい部屋でダンボールの中で新聞紙で包むのが一番最適な保存方法です!

じゃがいもを極めれば料理上手!

一人暮らし 料理

しっかり処理を行えば大体のじゃがいもは食べることができます!
様々なバリエーションを持つじゃがいもを安全に楽しく料理しましょう!

じゃがいもはなんでも屋!自炊にじゃがいもを使おう!

2016.04.15
優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です