一人暮らしの部屋に求める条件はたくさんある!

快適な一人暮らしをするための条件とは?

一人暮らし 部屋 条件
一人暮らしの部屋になにを求めるかは人それぞれですね。
一人暮らしをしようとしている人はどのような条件で悩んでいるかをまとめてみました☆

家賃

一人暮らしの部屋を決める上で最も重要であるといても過言ではないのが家賃。
いくら部屋が良くても、家賃を払えないのなら本末転倒。

ここは一人暮らしの楽しみやワクワクを一度抑え、現実的に自分の払える家賃を割り出しましょう。
ちなみに家賃を先に定めておけば、部屋を決めやすいです。
ここまで!と上限を決めたらそれ以上の家賃の物件は見ないようにしましょう。

立地

物件がある周辺はどういう雰囲気か、近くにスーパーや商店街はあるか、駅は近いか、など立地は一人暮らしの部屋を決める上で大切な条件。
特に女性の場合、夜の帰り道の雰囲気を調べておくことが防犯上とても大切です。

また、日は当たるか、近くに踏切や交通量の多い道路があることでうるさくないかなどの生活する上で障害となるポイントも調べておくべきです。
一人暮らしの利便性、防犯性において立地はとても重要な条件です!

間取り

1Rや1Kなど、一人暮らし物件には様々な間取りがあります。

それぞれの生活スタイルがあるので、一概に広い部屋や、1Rよりも1DKや1LDKの方がいいとも言えません。
自分の生活スタイルに合った間取りを分析しましょう。

家賃を決めた後じゃないと、どんどん広い間取りの部屋に惹かれていってしまうので必ず後にしましょう(笑)

物件の性能

築年数やマンションの構造によって、マンションの性能は大幅に異なります。
耐震性や防火性などの防災の性能や、防音性などのトラブル防止など、安全面を重視するならとても大切な条件です。

女性はオートロックマンションなどのセキュリティ面が充実している物件を選択するべきです。
安心は生活する上で、絶対必要です。自分の部屋なのにびくびくしながら暮らしたくないですよね。

部屋のこだわり

階数は2階以上がいい、中部屋よりも角部屋がいいなどの部屋のこだわりもそれぞれありますね。
角部屋が人気ですが、中部屋が好きという人も少なくありませんね。
階数は防犯上、上の階の方がいいのでこだわりがなければ上の階をおすすめします。

たくさんあるけど、まずはお金と相談!

一人暮らし 部屋 条件
一人暮らしの物件を決める条件はたくさんありますね!
迷ってしまいますが、上述したようにまずは家賃を決めましょう。
例外もありますが、基本的に家賃と物件のクオリティは比例するので、きりがなくなってしまいます。
決めた家賃の金額内の物件で他の求める条件を当てはめていきましょう!

自分がなにを一人暮らしをする上でなにを重視したいのか決めておくとスムーズに部屋が決まると思いますよ♪

関連記事はこちら☆
一人暮らしの失敗しない家賃の決め方!

優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です