一人暮らしを始める学生のための部屋探し!

学生が一人暮らしをする際に失敗しないお部屋探しのポイント!

春から大学生になるあなた。
新しい環境、新しい出会い・・・。
ドキドキとワクワクでいっぱいですね!
新生活を成功させる鍵はやっぱりお部屋探し!
学生がお部屋を探す際に注目すべき点をご紹介します。
bsVER88_sumafonayamu15150207

家賃

学生が物件を選ぶ時の最重要ポイントは家賃
学生は学業が仕事なので家賃の高いお部屋に住む事はできません。
頑張ってアルバイトをしても月に10万円いかない人がほとんど。
都内に住む学生の平均家賃は6万円強。
(某不動産サイト「部屋探しに関するアンケート」結果より)
学校の寮に住む場合は賃貸よりも安く、学校にも近いので寮に入れる人はラッキーです。
*寮は住める人数が決まっているので抽選になる可能性があります。

場所

学校に近い所が一番おすすめ。
大学1年生は1限の授業が割りと多いので遠いと早起きが必要。
できれば徒歩・自転車で通える範囲が良いでしょう。交通費の節約になります。
駅近の物件は何かと便利ですが家賃が高いのでNG
しかし徒歩⇨電車⇨バスなどたくさん乗り継ぎが必要な場所もNG
面倒という理由もありますが電車とバス両方の定期が必要になります。

お風呂場

トイレとお風呂場が別々の場所にあるお部屋
ユニットバスの物件は多いですがユニットバスは思うより使いづらいです。
体も洗いにくいのでゆっくりとお風呂に入れる環境ではありません。
少々家賃が高くなってもトイレとお風呂場が独立している部屋が良いでしょう。
食費などの生活費を節約すれば大丈夫です。

エアコン

エアコンを完備している物件にしましょう。
最近はそういった物件が多くなってきましたが無いととても不便です。
引っ越し前にエアコンなどの冷暖房器具を購入して取り付けなければいけません。
エアコンの場合は電気屋さんに依頼する必要があります。
また、就職して会社に勤めるようになったら再度引っ越しをする必要がありますよね。
その時に次の物件がエアコン付きの物件だとすると置き場や処分に困ります。
そういった手間を考えると初めからエアコン付きの物件を探した方が◯

仕送りの金額

学生の一人暮らしでは約80%の人が親などから仕送りをもらっています。
家庭の経済状況にもよりますが仕送りの金額はだいたい8万円〜10万円ほど。
最近は学生でもアルバイトをすれば5万円以上は稼ぐ事ができるので
家賃+生活費で生活できる賃貸・環境を考える事も大切です。
もちろん仕送りをしてくれる両親にも感謝の気持ちを忘れずに!

■関連記事はこちら■
一人暮らしのお部屋探し
気になる物件が見つかったら!
物件の下見ポイント その1

優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です