カラーコーディネートの基本!色の割合を意識しよう!

なにも考えず色を入れまくってませんか?

一人暮らし

「おしゃれな部屋を夢見て一人暮らしを始めたのに、なんだか野暮ったくてかっこよくキマらない!」なんてお悩みを抱えている人も多いと思います。

実は物件を選ぶところからおしゃれ一人暮らしをするための戦いは始まっているのです!!
おしゃれな部屋にするには色の割合を意識しなければなりません!

  • ベースカラー(基調色):70%
  • メインカラー(強調色):25%
  • アクセントカラー(強調色):5%

といった割合が基本となります。
「色を入れまくりたい!」
「カラフルでポップな印象にしたい!」
という思いはわかりますが、ここは一度押さえて色を制限して部屋をコーディネートしてみてください!

ごっちゃ混ぜのカオス状態でおしゃれな部屋もありますが、上級者な上に失敗したらただの散らかった部屋になりますので、まずはこの割合でコーディネートしていくことをおすすめします。

それではそれぞれのカラーの役割について解説していきます!

ベースカラーを決めよう!

一人暮らし

ベースカラーとは、部屋の基本となる色のことをいいます。壁や天井、床など不変のものの色ですね。
一人暮らしで賃貸の場合、おいそれと壁や床の色を変えることはできないので、物件探しの時から意識しなければなりません。

ユニークな部屋でない限り、壁や天井はホワイト系で、床はブラウン系です。

ここでがっつり遊んでしまうと、趣味趣向が変わった時に方向転換できなくなるので、シンプルにしておくことをおすすめします。壁がパステルピンクだったらどんなにシックに決めてもかっこつきませんからね…

家具・インテリアはメインカラー!

一人暮らし

部屋が決まったのなら、次は大きい家具・インテリアの色を決めます。
これはメインカラーといい、全体の25%ほどの色を占めます。

ベースカラーをシンプルにまとめても、メインカラーでがらっと部屋の雰囲気が変わるので、自分らしさを全面に出すといいでしょう!
自分の大好きな色を一つ決めて、家具・インテリアを揃えていきましょう!

アクセントカラーで遊ぼう!

一人暮らし

ベースとメインを決めたら、もう大体部屋の方向性は決まってきました。
このままでもシンプルでかっこいいのですが、遊びが効いていませんね。

クッションや小物で、メインカラーとは異なる色を選んで部屋を彩ってみましょう!
これはアクセントカラーといって、全体の5%ほどを小物などでコーディネートの引き締め役になるポジションです。

ファッションでもコーディネートテクニックの一つであり、とてもおしゃれに見える手法です♪

まずはシンプルなコーディネートな部屋が基本!

一人暮らし

様々なカラーが飛び交うサブカルな部屋にしたい人も、まずはシンプルを目指してください。
シンプルからメインやアクセントで彩っていくことで自分だけの部屋をコーディネートすることができます。

カラフルにするのは後からでも遅くないですよ♪

インテリア雑貨で一人暮らしのワンルームでもおしゃれに魅せる☆

2016.02.18
優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です