時短&節約!一人暮らしにカット野菜をおすすめする理由

自炊って面倒くさい…

salad-737704_1280
仕事などでくたくたになっているのに、料理をするのはけっこう大変。
料理自体は好きでも、野菜を切ったりする下ごしらえが苦手という人もいます。

でも栄養面や食費のことを考えると、コンビニや外食ばかりはしていられません!

そんな人は、カット野菜を活用してみましょう!!

コンビニやスーパーで売られているカット野菜は、一人暮らしをしている人にはもちろん、主婦や高齢者などさまざまな人に人気なんです。
そんな便利なカット野菜を使うメリットを紹介します!

 

料理をする時間が省ける

料理をするときに面倒なのが、野菜を洗ったり切ったりする作業ですよね。
カット野菜はその名の通り、すでに皮や茎などが取り除かれたカット済みの野菜。
袋を開けたらそのまま調理に使うことができ、包丁やまな板も使う必要なし!
時間がかかる下準備や片付けを時短できちゃいます。

手軽に野菜が食べられる

野菜不足になりがちな一人暮らし。
カット野菜といえば千切りキャベツですが、最近ではそれ以外にレタスやたまねぎ、にんじんなどのカット野菜もあります。
ドレッシングをかけるだけで、すぐに野菜サラダが食べられる手軽さはすごいですよね!
さらに、野菜炒め用、筑前煮用、焼きそば用、カレー・シチュー用などもあり、作りたい料理に必要な材料をいちいち買い揃える必要もなくなります。
カット野菜を活用すれば料理の幅も広がり、野菜も摂れるので一石二鳥ですね!

一袋100円前後で買える

割高なイメージのカット野菜ですが、全国の農家と長期契約で価格を決めているので、実は価格が上がりにくくなっています。
確かに、野菜が高騰しているときでもカット野菜は価格が安定していますよね。
豊作でキャベツ一玉100円だとカット野菜のキャベツは高く感じますが、それ以外の場合は手間がかからない点も含めてカット野菜の方が魅力的な価格です♡

食べ切りサイズがうれしい

カット野菜はだいたい一袋で1〜2人前の野菜が入っています。
食べ切りサイズなので、ちょっとした料理に使いやすい量です。
余った分の保存方法に頭を悩ませることもなくなります。

生ごみの量が減る

丸ごと1個の野菜を買って皮や茎、芯などを取り除くとけっこうな量の生ごみが出ます。
カット野菜は食べられない部分や傷んでいる部分を取り除いた状態で詰められているので、生ごみの量が大幅に減ります。

 

カット野菜はメリットたくさん♡

528942d70881c614e13af7eab0bec43f_s
紹介したように、カット野菜にはたくさんのいい点があります。
料理の時短にもなり、手軽に野菜を食べられるカット野菜を使えば、自炊もがんばれそうですよね!

料理が苦手な人も、まずはカット野菜を使ってチャレンジしてみるといいかもしれません。

便利なカット野菜を活用して、時短&節約な自炊を楽しみましょう!

 

☆”野菜”に関するその他の記事☆
買うなら新鮮なものを♪おいしい野菜の選び方
料理の基本!野菜の切り方講座
一人暮らしの料理におすすめ♡栄養たっぷりの野菜スープを作ろう

優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です