一人暮らしにピッタリのベッドサイズは?

一人暮らしの主役!ベッドを慎重に選ぼう!

一人暮らし

ベッドサイズは意外にたくさんありますよね!
それぞれどのくらいの大きさなのか?一人暮らしに合うサイズを探してみましょう!

セミシングル

幅が80cmほどの一番小さいサイズです。
小柄な女性や子どもにはおすすめできますが、一般的な体型な人にはかなり窮屈に思えるかもしれません。
寝返りはできず、落ちてしまうくらいのサイズです。
しかし一人暮らしでそこまで寝る場所に重きを置いていない人や部屋が狭すぎてなるべくスペースを確保したい人にはいいかもしれません。

シングル

一人で寝る用の一般的なサイズです。一人暮らしであれば、よっぽ体が大きい人でない限りシングルを買って持て余すことはありません。
幅は100cmほどで、スペースをとらずにベッドをレイアウトすることができます。

セミダブル

幅が120cmほどのシングルより少し大きいサイズになります。
ダブルと名前がついていますが、2人で寝るのは少々窮屈なので基本的には一人用と考えた方がいいでしょう。
シングルが窮屈に思えるほど体が大きい人や広いベッドで寝たい人にはおすすめです。

ダブル

幅が140cmという寸法の大人2人が寝ることができる最低限の幅のサイズです。
一人で寝るには広すぎますが、2人で寝たら思ったよりも狭いです。
あくまで大人2人が寝る最低限のサイズということを頭に入れておきましょう。

クイーン

幅が160〜180cmというビッグサイズのベッドです。
大人2人がゆったり寝ることができ、ある程度寝返りをしても余裕があります。かといって広すぎず相手を感じながら寝ることができるちょうどいいサイズです。
これから同棲を考えている人は置くスペースがあればクイーンサイズを検討してもいいかもしれません。

キング

180〜200cmの一番大きいサイズのベッドになります。シングルを2つ置いたサイズと思えば間違いはありません。
つまりは大人2人が余裕で寝れるサイズです。カップルや夫婦でゆったり寝たい人にはおすすめです。
しかし、あまり使用されないサイズなのでカバーの種類などは少なく、カバーの選択やマットレスの手入れが恐ろしく面倒です。

やはりシングルが一人暮らしにおすすめ!

一人暮らし

ということで、やはり一人暮らしに適しているサイズはシングルですね。広くもなく狭くもない真ん中をいくサイズです。
もう少し小さいのがいいならセミシングル、大きいのならさセミダブルと、実際に店で寝っ転がって自分がそのサイズがいいのか確認してみましょう!

どれを選べばいいの?マットレスの種類と特徴!

2016.11.21
優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です