マンションとアパートの違いとは?

マンションとアパートの明確な線引きはない!

一人暮らし
一人暮らしをしようとしている人は必ず一度は考える疑問だと思います。

それはマンションとアパートの違い!

でもマンションとアパートの違いって、実は法的な基準はなく曖昧なのです。
なんとなくの線引きがされているだけなんです!

名前が付いているだけ!

実はマンションとアパートの違いは名前が違うだけ。

でも大体は木造で造られている物件がアパート鉄筋コンクリートで造られている物件がマンションというイメージで、みんなそれに従っています。

しかし、例外もあるので気をつけましょう!
世の中には明らか木造でアパートな見た目なのにマンションと名づけていたり、またその逆も然りもあります。
なのでしっかり調べて下見をする必要がありますね。

木造は防音性能が低い!

さて、一般的なアパートとマンションの違いは素材が違うということを話しました。

木造建築の場合、防音性能がかなり低いです。
足音やトイレの水を流す音、話し声など丸聞こえです。
一人暮らしの場合、家賃の安さに惹かれて木造アパートを選ぶ人もいるかと思いますが
我慢ができない人は、安くても選ばないことです。

じゃあマンションは防音に優れているの?

かといって鉄筋コンクリートで造られているマンションが防音性能に優れているというとそうとは限りません。
事実マンションでも騒音トラブルはとても起きていますね…

いかに防音性能を考えて造られたかが重要なのですが、不動産屋さんに聞くほか調べる手段がありません(正しく教えてくれないかもしれませんが…)
下見の時に出来る限り防音性能をあの手この手を使い調べておきましょう。
その時の調べの努力が快適な一人暮らしを実現できるかにつながります。

必ず確かめよう!

マンション アパート 一人暮らし
下見をぜずに部屋を決める人はまずいないと思いますが、ちゃんとその物件を訪れて、防音や築年数、どのような見た目をしているか調べましょう。
マイナスな物件があるということは、その逆も然り。

アパートという名前で安いのに、良い条件条件や性能の物件が見つかるかも!?

関連記事はこちら☆
一人暮らしする前に物件の騒音をチェック!
アパートやマンションの騒音は管理会社&警察に相談しよう!

優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です