1LDKはノンストレスな一人暮らし生活ができる最高の間取り!

一人暮らしで1LDKは持て余す!?

一人暮らし

一人暮らしでそれなりに広くていい部屋に住みたい!と思っている場合、どのくらいの間取りがいいんでしょうか。
ぼやっと考えて「1LDKくらいかな」と思うものの、一人暮らしで1LDKは大きすぎると言われたりします。
果たして1LDKは一人暮らしには広すぎるのでしょうか!

1LDKは一人暮らし最大の快適な暮らし!

人それぞれですが、広ければ快適という一般的な考えから述べると1Rや1Kよりは例外を除いて広いわけです。

1LDKは1〜2人の間取りになりますが、2人の場合はカップルや夫婦に限ります。そうでなければ一緒に寝るほど仲がいい2人のルームシェアくらいのものです。
つまりは2人で生活する必要最低限の間取りであり、1人にはゆとりのあるいい具合の広さだと思います。

自由自在に家具・インテリアをレイアウトすることができ、物を整理するだけのスペースがあるのでノンストレスで生活することができるでしょう。

少なすぎず多すぎない部屋!

1LDKとは、ダイニングキッチンとリビング、そして居室が一つある部屋です。
これは一人で住む場合の生活クオリティのちょうどど真ん中をいく間取りだと思います。

寝室と食事をするところを分けることができ、部屋が余るということはあまりありません。
なのでしっかりその間取りを使いこなすことができます。
多すぎると掃除も大変ですし、なにより無駄だったなと感じてしまいます…。

しかしさらに作業部屋がほしい人は2LDKでもいいでしょう。

広さよりも家賃を抑えよう!

一人暮らし

広い部屋に住んでいると贅沢なんていわれることもありますが、家賃を抑えられているのなら何も贅沢ではありません!
広い部屋に住みたい人は、立地など妥協できるところを妥協して、家賃を抑えてみましょう!

一人暮らし定番の間取り1Kのいいところ!

2016.06.08
優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です