雪道でも滑らない歩き方を覚えておこう!

雪道はとても滑りやすい。転倒して怪我をしないよう気をつけて歩こう!

北海道や東北など寒い地域を除くと
雪が降って積もる日は年に数えるほどしかありません。
なので雪道に慣れていない人たちは滑る滑る!
毎年ニュースで転倒する人たちが映されていますよね。
危なくて見てる方もヒヤヒヤしてしまいます。
普段の歩き方で雪道を歩くのはとても危険。
雪道での歩き方を覚えて転倒&怪我を防ぎましょう!
00

歩幅は小さく

雪道を歩くときは歩幅を小さくして歩きましょう。
普段の歩き方(歩幅が大きい)だと足を高く上げなくてはいけないので
重心が高くなり体の揺れも大きくなります。
そうすると滑りやすい雪道ではバランスを崩してしまい転倒に繋がります。
しかし左右の幅は適度にある方が◯
特に女性はヒールなどを履いていると左右の足の幅が狭いので気をつけましょう。

足の裏全体を地面につけて

雪道では足を地面につける時に全体をつけるようにしましょう。
普段歩きの場合はかかと⇨つま先の順番で地面につく場合が多いと思います。
雪道の滑りやすい路面では重心を安定させる事が大切
イメージとしては「すり足」をして前に進む感じです。
しかし完全にすり足だと躓いたりして歩きにくいので
少し足を浮かせて歩幅を小さく足の裏全体を地面につくようにして歩きましょう。

時間に余裕を持って

一番大切な事は時間に余裕を持つこと。
焦りは怪我の元となります。雪道を走るなんてもっての他!
どんなに注意して歩いていても時間や携帯など他のことに気を取られていると滑る原因にもなります
時間の余裕は心の余裕。滑りやすい道と滑りにくい道を見分ける事も大切です

関連記事はこちら⇩
雪が降った時の外出は要注意!積雪時の対処方法

優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です