自分の身は自分で守る!一人暮らしの緊急事態に備えよう!

一人暮らしは自分一人ということを忘れない!

一人暮らし 緊急
一人暮らしは当然自分一人で全ての責任を負わなければなりませんね。
それは病気や怪我をした時も例外ではありません。
完全一人の状態で緊急事態になったとしたら…考えただけでもぞっとします。
行き当たりばったりにならないように、普段から健康管理や緊急事態に備えた準備をしておきましょう!

近くの病院を把握しておこう!

3f1cf3a1b68da59c1441cd5c5d2f71c1_s
自分の家からの一通りの診療科の病院を把握しておきましょう!
できれば一人暮らしする前に部屋を決めるとき、近くに病院があるかを確認するべきです!
具合が悪くなってから探すのはとてもつらいので要チェック!

一人暮らしの部屋には必ず救急箱を用意!

一人暮らし 緊急
切り傷や発熱などありふれた怪我や病気の応急処置に。
軽いものと侮ってはいけません。最悪の結果死に至るケースもあるという思い出確実に治していきましょう!
一人暮らしだと悪化してつらくても病院へ行くのも電話をするのも自分しかいないので。

☆入れておく物リスト
解熱・鎮痛剤
消毒液
絆創膏
包帯
テープ
ガーゼ
マスク
体温計
湿布
ピンセット
ポカリスエットの粉

他必要な物があれば揃えておくことです!
何かが起きた時は応急処置が大事なので必ず常備しておきましょう!

食事はしっかり取る!

一人暮らし 緊急
一人暮らしをすると栄養が偏りがち…
食生活が乱れるとストレスや疲れがたまりやすく、体の免疫力が低下し病気にかかりやすくなります。
病気になるリスクは避けることに越したことはありません!
栄養バランスは普段から意識しましょう。

健康診断を受ける!

一人暮らし 緊急
会社で健康診断は年に1回あると思いますが、受けない人も最近は多いようです。
あるものは受けるに越したことはないので受けましょう!
具合が悪くなってからでは遅いです。
受けられない人は近くの病院や地域の公共サービスなどでも受けられますので積極的に受けるように!
お金よりも体のほうが大事です!
予防のつもりで受けましょう!万が一病気が見つかっても早期発見できれば対応も早くできます。
部屋で一人で動けなくなるなんて事態は避けたいです!

緊急時に備えて電話は離さない!

一人暮らし 緊急
もう動くことすらできないとき、もう頼ることができるのは電話のみ。
救急車を呼ぶために肌身離さず、それか手の届くところに置いておきましょう。

一人暮らしは起きてからでは遅い!

一人暮らし 緊急
家族がいたら誰か助けてくれる人がいますが、一人暮らしはそうもいきません。
常に起きた時のことを考えて行動することです。
「何か調子が悪いな」と感じたらすぐに対応し、病院へ行くこと!お金よりも命のほうが大事です!
予防だと思って普段も食生活や健康診断を怠らず健康的な一人暮らしを送りましょう!

優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です