自分にぴったりのベッドはどれ?ベッドの種類別メリット・デメリット

ベッドにさはまざまなタイプがある

ecbd5c3055b3c96120ca68b664ff0fb6_s
ひとくちに『ベッド』と言っても、たくさんの種類があるのは知っていますか?
ロフトタイプのものや、ベッド下に収納ができるものなど、寝るだけではない機能的なベッドがたくさんあります。

寝られればなんでもいい」「大事なのはマットでしょ?」と思うかもしれません。が、お部屋の環境やどんな役割をベッドに求めるかによって、おすすめのベッドは変わってくるんです!

お部屋の大部分を占め、一日の疲れを癒すためのベッドですから、「どんなベッドが自分のライフスタイルに合うのか?」をじっくりと考えてみることが大事です!

それぞれ違った特徴があるので、ベッド選びの参考にしてみてください♪

ロフトベッド

スクリーンショット 2016-03-11 21.38.31
メリット
最大のメリットは、やっぱりお部屋の空間を有効活用できること!ベッド下の空間に、ソファーやデスクなどを置くことで、お部屋を広く使えます。

デメリット
マットレスが簡易的なものが多く、寝心地は少し劣ります。また、寝たときに天井が近くなるので圧迫感を感じたり、寝返りで揺れるなんてことも。高さがあるので、ベッドの存在感もかなり出てしまいます。

こんな人におすすめ♪
・お部屋が狭く、ベッドとデスク・ソファーを別々に設置できない人
・寝心地よりも、空間を最大限に活用したい!という人

収納付きベッド

スクリーンショット 2016-03-11 21.41.25
メリット
収納付きのベッドも、空間を有効活用できお部屋をスッキリ片付けられるのがメリットです。ベッドによっては他の収納家具が必要ないくらいの収納力があるものも☆余計な収納家具が必要ないと、その分お部屋の圧迫感も減りますよね!

デメリット
収納スペースがある分ベッドが高くなってしまうので、お部屋が狭ければ狭いほど圧迫感を感じやすくなります。また、寝ているときの湿気でベッド下の引き出しの中身が傷んでしまう場合もあるので注意が必要です。

こんな人におすすめ♪
・お部屋に収納スペースが不足している人
・ベッド以外の家具をなるべく置かずにお部屋をすっきりさせたい人

フロアベッド

040107521_w_10_wg_03
メリット
脚がなくベッド高が低いため、安定感が抜群でまるで布団感覚の寝心地です♡フロアベッドは使われている部材が少なく済むため、比較的安く購入できます。余った予算でよりよいマットレスを購入することもできますね!また、ベッドの高さがないのでお部屋全体に開放感が生まれます。

デメリット
寝床が床に近いので、布団にホコリなどがついたり、冬は普通のベッドに比べて寒く感じたりします。マットレスの下に空間がないので湿気にも注意が必要です。

こんな人におすすめ♪
・少ない予算でおしゃれなベッドを買いたい人
・収納スペースが必要なく、狭いお部屋をすっきりと見せたい人
・寝相が悪くベッドから落ちるのが心配な人

ソファーベッド

スクリーンショット 2016-03-11 21.47.57
メリット
メリットはもちろん、その名のとおりソファーとベッドがひとつになっていること!ベッドとソファーの2台を置くスペースがない場合、昼間はソファー、夜はベッドとして活躍してくれます。もしもう1台ベッドを置く余裕があれば、普段はソファーとして使い、友達が泊まるときだけベッドにして利用することも可能ですね♪

デメリット
ちゃんとしたベッドと比べると、寝心地はやや落ちてしまうのが難点。昼間にソファーとして使う際には、布団の上げ下げがすこし面倒です。

こんな人におすすめ♪
・一人暮らしでお部屋は狭いけど、ソファーとベッドの両方を置きたい人
・友達がよく泊まりにくる人

折りたたみベッド

スクリーンショット 2016-03-11 21.39.56
メリット
使わないときは収納しておけるので、昼間はお部屋を広々と使えます。掃除も楽にできますね!他のベッドよりも簡単な造りなので価格も安いのが特徴です。中にはリクライニング機能がついてるものも!

デメリット
基本的には簡易ベッドのため、寝心地はあまり期待しない方が良さそうです。ものによっては、開くのにけっこうな力が必要だったりします。開いたりしまったりする場合は、壁や床が傷つかないように気をつけた方がいいですね。

こんな人におすすめ♪
・とにかく安いベッドが欲しい人
・リクライニングのできるベッドがいい人
・エキストラベッドが必要な人

畳ベッド

収納付き畳ベッド
メリット
布団と同様の寝心地です。布団で寝るのに慣れているひとにはぴったりなうえ、布団の上げ下げの必要はありません。寝床の高さもちょうどよく、特にお年寄りなどは寝起きがしやすいです。

デメリット
寝心地のよさは布団に左右されます。

こんな人におすすめ♪
・今まで使っていた布団でそのまま寝たい人
・和室の雰囲気で寝たい人

寝る人の数だけベッドがある

sleeping-1159279_1280
いかがですか?今ではこんなにたくさんの種類のベッドがあるんですね!

ベッドは決して安い買い物ではないし、どうせ買うならよりよい睡眠がとれるものがいいですよね。

お部屋のスペースやライフスタイルに合わせて、自分にぴったりなベッドを見つけてください♪

 

☆ベッドを探すならこちらから☆

優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です