節約しても暖かく♡寒さ対策のコツ

電気代を節約しても、寒い冬を暖かく過ごせるコツがあるんです!

年末年始を過ぎても、まだまだ寒い日は続きますよね。つい暖房をつけっぱなしにしてしまいますが、どうしても出費がかさむこの時期は少しでも節約したいところ…!

c85b977b1dcf317ed0989a724b7a5ddc_s
実は、ほんの少しの工夫で暖房なしでも快適に過ごせてしまうんです!

カーテンを替える

a0990_000925
カーテンは外の冷気を抑える重要なアイテムです。あなたの部屋のカーテンはどんなカーテンですか?もし薄手で窓と同じくらいの長さのものを使用しているなら、それでは部屋は暖まりません!窓から50%もの熱が逃げていくからです。
カーテンは、床につくぐらいの長さで厚手のカーテンに替えてみましょう。断熱効果が格段にアップし、室内の暖かい空気をバッチリ閉じ込めてくれます!

窓には結露防止シートで寒さ対策

1703cd8652e4753618c6c77dea9176c9_s
カーテン同様、窓を対策することも大事です。窓近辺を対策しないことには部屋は暖かくならないと言っても過言ではありません。そこで「結露防止シート」を貼ってみましょう。実は結露防止シートには結露を防止するだけでなく、外からの冷気をシャットアウトしてくれます。結露防止と冷気遮断の対策を同時にしてくれるおすすめグッズです!

湯たんぽ

b1d07e209819b98108c322255978cbdb_s
ここ最近湯たんぽの人気もあがり、種類が豊富でおしゃれでかわいらしいデザインのものがたくさん売られています。湯たんぽを使えば電気代の節約になるだけでなく、冬の大敵『乾燥』に悩むこともありません!特に足下に置いて寝ると、ぽかぽかして寝付きもよくなり質のよい睡眠がとれますよ♪

とにかく着込むだけの重ね着術

e1772cb6aac6cfeda16f80119cedbc90_s
とても簡単で単純なアイデアですが、衣類によって体感温度がアップするのでバカにできません!特に、体の下の方を暖めると、血液の流れがよくなり体全体に温かい血液が行き渡ります。ひざ掛けや厚手のソックスを履くだけで効果バツグン!

重ね着も有効です!重ね着することで空気の層が生まれ、人体から出る熱を逃さず温めてくれます。

  • 1枚目に肌にフィットする肌着
  • 2枚目に少し隙間ができるようなゆったりとしたトレーナーなど
  • 3枚目に網目が大きく空気の層を増やすセーターやカーディガン

どうしても暖房なしでは耐えられない場合は?

もちろん、これらの方法を試しても冬の寒さに耐えられない場合もありますよね。どうしても暖房をつける場合には、サーキュレーターを同時に使いましょう!

a0001_013626
サーキュレーターとは、空気を循環させることを目的とした小さな扇風機のようなもの。これを暖房と併用することで、効率よくお部屋の空気の循環を行うことができ、節電効果が大幅にアップします!

サーキュレーターの効果的な使い方

一般的に、『暖かい空気は上に昇っていく』という性質があります。なるほど、だから顔だけ熱くなったり、足下はいつまでも冷えてたりするんですね。せっかく暖房を使用しているのに暖かい空気が無駄になっているってことです!

そこでサーキュレーターの出番!天井の方にたまっている暖かい空気を部屋中に行き渡らせましょう!

効果を高める置き方は2パターン。
1. 真上に向けて送風する
2. 天井付近の高い位置から床に向けて送風する

また設置場所は、なるべく部屋の中心に近いところがベストです。難しい場合は真ん中あたりを意識しておくか、部屋の角の方から天井の中心方向に向けて風を送るといいですよ。

優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です