意外と知らない!?ニオイを防ぐ生ゴミ処理のコツ

その生ゴミ、なにも考えずに捨てるのはダメ!

032edf97e5a69a7b09107cf4cb57df1c_s

毎日料理をしていると、必ず出るのが『生ゴミ』。一人暮らしで自炊はあまりしない人でも、多少の生ゴミってどうしても出てきてしまいますよね。

ゴミの中でも、『生ゴミ』は見た目もニオイもイヤなもの。特に夏場になると、部屋の悪臭の原因にもなりかねません!
ニオイの原因は微生物、つまり雑菌!酸素がなく、水気が多い不衛生な場所を好む「嫌気性微生物」が、生ゴミの中で繁殖するとニオイが出てしまうといわれています。

では、どうすればニオイを防ぐことができるのか、これからご紹介していきます。
今までなんとなくで捨てていた人は、必見ですよ〜!!

 

基本は、袋で密封!

garbage-bag-850874_640

これはすでにほとんどの人が実践しているかもしれませんね!袋などで密封し、生ゴミのニオイが漏れないようにすることは基本中の基本です。
生ゴミを直接ゴミ箱に入れず、1回分ずつ小さいビニール袋に入れてしっかりと縛ってから捨てましょう。尖ったもの、例えば魚の骨などは袋を破ってしまう危険性があるので、袋を二重にするなど工夫するといいですよ。

 

生ゴミ処理に向いている新聞紙

a0002_000175

万能アイテムの新聞紙、生ゴミ処理でも大活躍してくれます!
新聞紙は水分をしっかりと吸い取ってくれ、さらに消臭効果のあるインクでニオイを抑えることもできるんです!

器用な人なら、新聞紙で袋を作ってその中に生ゴミを入れるといいでしょう。ビニール袋の中に新聞紙を敷いてその中に生ゴミを入れて密封してしまえば、さらに安心です。

 

家庭の強い味方、クエン酸と重曹

c97f3291d8ca65f5c3aad47efad65cdd_s

毎日の掃除などでおなじみのクエン酸と重曹。今ではどの家にもある定番アイテムですよね。
実は、どちらも生ゴミの雑菌の繁殖を抑えるという効果があるんです!つまり、生ゴミのニオイの軽減が期待できます♪
クエン酸は、小さじ1を水200ccに溶かし生ゴミにスプレーするだけ。
重曹を使用する場合は、生ゴミに直接振りかけます。あるいは、生ゴミを入れる袋にあらかじめ重曹を入れておくのもアリです。

 

これでニオイのない快適空間に♪

making-food-982410_1280

いかがですか?どれも簡単ですぐに実践できるコツばかり!

『生ゴミはすぐ捨てる』を基本としながら、念には念を入れてイヤなニオイを防ぐことが大切です。本格的な夏がくる前にこれらのやり方に慣れておけば、生ゴミのニオイも怖くないですよね♪

生ゴミのニオイに悩まされることなく、料理も毎日の生活も気持ちよく楽しみましょう!

優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です