大切な衣類を守ろう!洗濯ネットの正しい使い方

洗濯ネット使ってる?

スクリーンショット 2016-05-22 13.35.26
洗濯するときに欠かせないアイテムのひとつ、洗濯ネット
みなさん、ちゃんと使っていますか?

洗濯ネットは、色落ちするものや、繊細な素材などの特別な衣類にだけ使うものだと思っているかもしれませんが、実は違うんです!
洗濯ネットにも、形や機能によっていろいろな種類があり、普段の洗濯で上手に使えば大切な衣類をなるべく傷ませることなく汚れが落とせるのです。

洗濯ネットの正しい使い方をマスターして、毎回の洗濯で衣類の汚れをきちんと落としましょう!

 

洗濯ネットを使った方がいい衣類とは?

みなさんはどんな衣類を洗濯するときに洗濯ネットを使っていますか?
洗濯ネットに入れることによって、洗濯によるダメージやデメリットが防げるので、これらの衣類は洗濯ネットに入れてから洗うようにしましょう!

▼ニットや下着など型崩れが気になるもの
ニットや下着などは目の細かいネットに入れて型崩れを防ぎましょう。
色移りやタオルなどの毛羽がつくことも防げますよ。

▼ビーズやボタンがついたもの
装飾付きの衣類も洗濯ネットに入れるのがおすすめ。
ビーズやボタンが外れたり、他の衣類に絡まったり…なんてことも少なくなるはず!
洗濯ネットに入れる際は、裏返しにするとさらにいいですよ〜。

▼ストッキングやダメージジーンズ
洗濯ネットに入れないで洗濯してしまうと、絡まったり摩擦で伝染してしまいがちなストッキング。
洗濯ネットに入れればそれらを防げるので、安心して洗濯できちゃいます♡

▼色落ちしそうな色の濃い衣類
色の濃い衣類を洗うときに心配なのが、色落ちや他の衣類への色移り。
これも、完全に防ぐことはできませんが、洗濯ネットに入れることで防げます。
衣類を裏返して洗濯ネットに入れればよりリスクは低くなります。
時間に余裕のある人は、色物は分けて洗濯するのが一番です。

 

洗濯ネットの正しい使い方

衣類を守ってくれる洗濯ネットですが、ネットに入れてしまうと汚れがちゃんと落ちるのか気になる人もいるのでは?
洗濯ネットを正しく使えば、衣類が傷みにくいだけでなく汚れ落ちもよくなるんですよ〜!

▼『1枚の洗濯ネットには1着』が基本
1枚の洗濯ネットに複数の衣類を入れると、汚れ落ちが悪くなるうえに、中に入れた衣類同士が擦れて生地が傷んでしまいます。
洗濯ネット1枚につき、入れるのは1着にしましょう。

▼裏返してから洗濯ネットに入れる
スパンコールやラインストーンなどの装飾がついている衣類は、裏返してから洗濯ネットに入れれば洗濯による摩擦を軽減することができます。

▼衣類はたたんで入れる
ぐしゃぐしゃのまま衣類を洗濯ネットに入れるのではなく、洗濯ネットの大きさに合わせてたたんで入れましょう!
そうすることで、しわや型崩れを防ぐことができます。

 

洗濯ネットで洗濯をより快適に!

7d232e0630ca84f80e7bd14007b8ae7f_s
洗濯ネットを使うことで、さまざまな洗濯のリスクを軽減することができるんですね!
しわや型崩れもしづらくなるので、洗濯が終わってからの干したりアイロンがけなどの作業も楽になりそう♪

洗濯ネットもYシャツ用や女性下着用など、それぞれの衣類に適した形のものがあります。
網目の大きさなどもたくさん選べるので、衣類によって一番適した洗濯ネットを使うのがよさそうですね♡

洗濯ネットを使っていない人も、すでに使っている人も、正しい使い方で快適な洗濯ライフを送りましょう!

 

☆”洗濯”に関するその他の記事☆
部屋干しの臭いとはもうサヨナラ!簡単解決方法
ジーンズを長持ちさせる!色落ちを防ぐ!正しい洗濯方法
アイロンがなくても大丈夫!シワになりにくいワイシャツの洗濯方法

優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です