一人暮らしでも無駄にしない!卵の賞味期限と保存のコツ

卵が使い切れない…

egg-1364869_1280
いろいろなメニューに使える、便利でおいしい食材の代表・
目玉焼きやゆで卵など、卵1個でおかずにもなるし、オムライスやスープなどにしてもおいしいですよね。
そうそう、卵かけご飯も忘れちゃいけません♡

でも卵って、賞味期限を過ぎる前になかなか使い切れなかったりするんですよね〜。
特に一人暮らしだと、10個パックでは完全に余ってしまいます。
かといって6個パックを買うのも割高でもったいないし…。

そこで、卵の賞味期限についての詳しい解説と、上手な保存方法についてまとめてみました♪

 

賞味期限が切れても食べられる!?

a0006_002402
卵の賞味期限は、時期にもよりますがだいたい14日程度
この場合の賞味期限とは、『生でおいしく安全に食べられる期間』のこと。
つまり、賞味期限を過ぎたからといってすぐに腐りはじめるわけではありません。
意外にも卵は日持ちがよく、殻に包まれていればほぼ無菌状態なので簡単には腐らないんです!

じゃあ賞味期限を過ぎた卵は?

b514b374220140c03ca3d52abf4884b9_s
賞味期限はあくまでも『生で食べられる期間』なので、賞味期限を過ぎてしまっても捨てなくて大丈夫!!
ただし、賞味期限を過ぎた卵を生で食べることは控えましょう
賞味期限の切れた卵は、食中毒の原因となる “サルモネラ菌“ が発生してしまう可能性があるからです。
賞味期限が過ぎた卵を食べる場合は、しっかりと加熱調理をしてから食べましょう
中身まで70度以上で1分以上調理されていれば問題なし。
いくら火を通しても、半熟などで食べるのは避けた方が無難です。

賞味期限を過ぎた卵はいつまで食べられる?

_shared_img_thumb_PAK86_namatamago15173604_TP_V
保存状態にもよりますが、基本は賞味期限が過ぎたらなるべく早く加熱調理をして食べましょう!
きちんと保存できていれば1ヶ月持つという話もありますが、賞味期限から1週間〜10日くらいを目安にするといいでしょう。
それ以降に食べる場合は、自己判断にお任せします。
《黄身が崩れていないか》《白身の色が変わっていないか》《腐敗臭がしないか》を判断基準にしましょう。

日持ちさせる保存方法とは?

少しでも卵を長持ちさせるための、ちょっとした保存のコツがいくつかあります♪

3b293a240ec6771f7b7f48f8ac1d4517_s

▼保存は冷蔵庫で
スーパーやコンビニなどで常温で売られていることがある卵ですが、自宅では冷蔵庫で保存しましょう!
15度以下の場所で保存すれば鮮度が保ちやすくなります。

▼尖っている方を下にする
卵ってよ〜くみると、先がちょっと尖っている方がありますよね。
卵は先が丸くなっている方で呼吸をしているので、この面が上になるように尖っている方を下にして保存するのがいいんです。

▼水分がつかないよう注意
卵の殻に水分がつくと、雑菌が繁殖し卵の中まで浸透してしまうんです!
洗ったりせずに乾いた状態をキープし、水分がつかないように気をつけて保存しましょう。

▼生のまま保存
ゆで卵などにして保存するより、生のまま保存した方が長持ちします。
食べるときにその都度調理しましょう!

 

もう卵は無駄にしない!

egg-slicer-647531_1280
買っても賞味期限内に使い切れないと思って、一人暮らしの人はもしかしたら卵を買うのを避けているかもしれませんね。
生もののイメージが強い卵ですが、賞味期限が過ぎてもしっかり加熱調理すればおいしく食べられるので、これからは安心して10個パックを買ってくださいね♡

できるだけ早めに食べきるのが一番いいですが、保存にも気を遣って長持ちさせるように心がけてみてください。

卵を無駄にすることなく、おいしい卵料理を楽しみましょう♪♪

☆こちらのおすすめ記事もチェック☆
半熟も固茹でも♪上手なゆで卵の作り方
買うなら新鮮なものを♪おいしい野菜の選び方

優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です