そろそろ衣替え!冬服のお手入れと収納のコツ

少しずつ暖かくなってきたら

green-701436_1280
3月になりました。まだまだ気温は低いですが日が長くなって、確実に春に近づいてきていますね♪
コートを着て厚着をするのはそろそろおしまい!春に向けて衣替えをしなくちゃ!

でも、デリケートな素材も多い冬服。きちんと保管しないと、虫食いで穴が開いたり、いつの間にかシミができてしまったりするんです。

そこで、来年の冬もお気に入りの洋服を着られるように、保管・収納方法などのちょっとしたコツを教えちゃいます♡

衣替えは早めに!

cat-1017455_1280
「衣替えはなんとなくやればいいかな〜」と思っている人、それは間違いです!実は、気温が15度を超えると害虫の危険があるんです!!害虫は寒いときは冬眠状態で活動を控えていますが、気温が上がってくると活発化してきます。冬物によくあるウールやカシミヤ、シルクは害虫の大好物。のんびりしすぎず、早めに衣替えを済ませるようにしましょう!

汚れはきちんと落とす

28613104c636ba99eaa07295305e94e5_s
当たり前のことですが、汚れはしっかりと落としましょう!今は目に見えない汗や食べ物のシミが、後から出てくることがあります。そういった汚れが残っていると綿や麻でも虫に食われてしまうので、虫食いの被害に遭いやすいウールやシルクは特に注意しましょう!!

汚れを落としたら、しっかり乾燥

laundry-963150_1280
湿気が残っていると、カビの原因になります。お家で洗濯した場合は、しっかりと乾燥させましょう!アイロンがけOKの洋服なら、アイロンをかけるのも◎。湿気をとばすほか、防虫対策にもなるので一石二鳥です♪
クリーニングに出した洋服は、風通しのよいところでさらに2〜3日乾燥させるのがベストです。そして保管する場合は、カバーは外して通気性のよい状態を保ってください。

晴れた日に衣替えする

palm-142463_1280
万が一、湿気が残ったまま密閉空間に収納してしまうと、カビが生えてしまいます。衣替えに最適なタイミングは、からっと晴れた日の10〜14時くらいです。

防虫対策は充分なくらいに!

防虫対策は欠かさずに行いましょう。害虫は洋服に付着した食べ物やジュースが大好物なのですが、雑食なので洋服も一緒に食べてしまいます。ウールやカシミヤなどの動物性繊維はもちろん、化学繊維まで食べてしまうので、防虫剤は必ず入れたほうがいいですよ!
防虫剤は洋服の上に置くのがポイント!また、種類が違う防虫剤を同時に使うとシミになることがあるので、使う防虫剤は1種類にしておきましょう。
そこに除湿剤も一緒にいれておくと、湿気対策もできるのでおすすめです♪

詰め込みすぎと保管場所に注意

8ee096d2ce686f163280484b1ac1d250_s
収納には密閉できるプラスチックケースが最適!これで防虫剤の効果が逃げるのを防ぎます。収納するときは少しすきまができるくらいで、詰め込みすぎないように注意しましょう。
保管場所は、デリケートな衣類ほど上の段に収納するようにします。風通しが悪く湿気がこもりやすい下段にはなるべく置かない、あるいは綿や麻など洗濯しやすい衣類を置くようにしましょう。

お気に入りの洋服をまた来年も♡

download-2
いかがですか?
知ってるようで、知らない衣類の収納・保管のコツ。『適当』だったり『自己流』にやると、虫食いや型くずれなどで衣類を傷めてしまうこともあります。
寒い冬にお世話になった洋服たち。楽しく、正しい衣替えをして、お気に入りのニットや大事なコートをまた来年も着られるようにしましょう♡

☆オススメ記事☆
必見!衣類を長持ちさせる、素材別洗濯方法

優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です