【種類別】フライパンを長持ちさせるお手入れ方法〜スキレット〜

長持ちするかは使い方次第!

a0002_004075
フライパンを買ったら、思ったより早く買い替えることになったことありませんか?

いくら『焦げ付きにくい』『耐久性がある』と言われていても、正しく使わないとやっぱり長持ちしません!

そこで今回は、最近大人気のスキレットのお手入れ方法のコツをご紹介!!

 

↓↓ テフロン加工のフライパンのお手入れ方法はこちら ↓↓
【種類別】フライパンを長持ちさせるお手入れ方法〜テフロン加工〜

 

スキレットについて

props-1018963_1280
肉厚で重厚なスキレット、熱伝導に優れ、蓄熱製の高さから根強い人気です。
最近ではスキレットを使ったおしゃれな料理が流行ったりしていますね♡
おかずはもちろん、パンケーキやピザなども作れる調理のバリエーションの豊富さが魅力です。
特に肉料理は柔らかく仕上げることができ、余熱によって中までしっかり火を通すことができます。

ただし、鋳物(鋳鉄)なので非常に重く、コーティングがなされているわけではないので焦げ付きには注意が必要です。
でも油がなじむほどに使いやすくなっていくので、愛着がわきやすいフライパンでもあります。

 

スキレットのお手入れ方法


▼使う前には “シーズニング(ならし)”

スクリーンショット 2016-05-13 10.41.11
スキレットを使い始める前に、しなければならないお手入れが “シーズニング(慣らし)”
これをきちんとすることで、スキレットの焦げ付きを防いで扱いやすくするのです。

*やり方*
1. 新品のスキレットにはサビ止めの油が塗ってあります。
   まずはそれを洗剤で洗い流しましょう。
2. 洗ったら、すぐに水気を拭き取って火にかけます。
   水気はすぐに拭かないとサビちゃうので、注意!
3. 白い煙が出るくらいまでよく火にかけます。
   煙が出てきたら、火を止めてOK。少しだけ熱を冷まします。
4. 少しだけ冷ましたら(それでも素手では触れないくらいの熱さ)、全体に薄く油を塗ります。
   酸化しにくいオリーブオイルなどがおすすめ!
   調理する面だけでなく、持ち手や側面、裏側もムラなく塗りましょう。

これでシーズニングは完了!
油でコーティングすることで、酸化しにくくなっています。
使うときは油を落とさず、軽く水ですすぐくらいでこのまま使ってくださいね。
シーズニングは何度やってもOK!
手をかけるほど油がなじんで、そのうちシーズニングは不要になりますよ♪

▼急に冷やさない
50658d32cef54cae90efe37e51ae6f8e_s
熱した状態でいきなり水をかけてしまうと、最悪の場合割れてしまうことも…!

▼洗剤を使わない
washing-dishes-1112077_1280
スキレットはシーズニングの効果でサビを防いでいます。
そのため、洗剤を使って洗うとせっかく施した油の膜がなくなってしまうのです。
洗うときは、お湯を使ってたわしでゴシゴシこするようにしましょう!
「どうしても落ちない!」というときは、お湯と重曹で落としましょう

▼水に濡らしたまま放置しない
スクリーンショット 2016-05-13 10.46.15
洗ったあとにそのまま放置すると、これまたサビてしまいます。
付着してる水気を取るために、白い煙が出るくらいまで火にかけます。
そしてまだ熱いうちにオリーブオイルで油の膜を作ります。火傷には気をつけて行ってください
最初のシーズニングと同じですね♪ !
そして自然に冷ましましょう。
その後、長期間使わないときは新聞紙にくるんで酸素と水分から守るのがおすすめ♡

▼食材を入れっぱなしにしない
a4266a2fef31843bcc82aa2bb96800ac_s
料理ができあがったら、早めにお皿に移し替えましょう。
スキレットのまま食卓に出すのもおしゃれなのですが、そのまま放置するとサビの原因となってしまいます。

 

ポイントとまとめ

e16e9511c50fa8903b83e3df23e27a0b_s
スキレットを長持ちさせるポイントは、《サビさせない》ことです!
そのためには、こまめにシーズニングを行い油をなじませていくことが大切です。

お手入れはなかなか大変そうですが、ポイントを押さえれば一生使い続けていくことができるのがスキレットの魅力でもあります♡

お気に入りの調理器具は長〜く使いましょう!

優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です