結果的に損してない?体にも財布にも優しい節約をしよう!

本当の節約とはなにか!

一人暮らし友人や先輩など、一人暮らしで節約をしているという話をたくさん聞きます。
しかし、本当にそれは節約といえるのかと考えたりします。お金の出すところと出さないところを間違えてしまっている人が多いような気がします。

私の考える節約は、「必要なものを削ぐ」ことではなく、「無駄をなくす」ことです。
そんなの当たり前じゃないかと言われるかもしれないですが、意外にできていない人が多いので2つの事例で見ていきましょう。 

 

食事はしっかりいいものを食べる!

一人暮らし「食事は節約する!」という一人暮らしの人はたくさんいます。一人暮らしの毎月の費用の中で最も変動しやすい費用の一つで、これを抑えることによって毎月のゆとりや貯金に関わるのは間違いありません。
月1万円で過ごしている人もいれば、毎日外食3万円以上使う人もいます。

節約するに越したことはありませんが、大切なのは節約=不健康な食事ではないということです。
節約しなきゃ!といってカップ麺ばかり食べている人がいますが、体を壊してしまいます。これは確実に必要なものを削いでしまっているといえます。

自己管理がしっかりしている人は自分の体が一番大事であり、財産であることを心得ています。なので決して不健康な食事は取らないのです。
病気になって倒れてしまったら医療費がかかる上に、働くことができないですよね。お金のために節約していたのにまさに本末転倒というやつです。

「満腹になるまで食べない」「野菜を中心に食べる」など節約しながら健康的な食事を取ることは可能です。
体に気を使いながら節約する。これが本当の食費の節約です。

 

安物の銭失いになっていない?

一人暮らし最近は100均ショップでなんでも揃ってしまいますね。節約のため活用している一人暮らしの人も多いと思います。
服ではファストファッションブランドが流行り、アウターさえも数千円で買える時代になりました。
しかし、本当に必要なものだけを買っていると断言できるでしょうか?
安いがために5着も6着も買ってしまい、結局は数万円の額に。これなら高いアウターを一つ買えましたよね。
それに安物は1シーズンは着れても壊れるなどして数年は着れないでしょう。結局その時に持て余し、お蔵入りか捨てることになるのです。これは完全に無駄遣いといえますね。

安物買いの銭失いということわざがあります。安いものを買うが、品質が悪いので結局は修理がや買い替えが必要になり高い買い物になってしまうという意味です。
まさにこの状態に陥っていないでしょうか?
良い服や家具・インテリアを買って手入れしながら、長く付き合っていく。この考えが節約になり環境にも良く、物に愛着が湧きます

もちろん安くても良い物はたくさんあります。しかし何回も買い替えているものや、長く使いたい思うものがあったら色々探してみてください。

 

品質の良い物や健康な食事を見極めよう!

一人暮らしもちろんすべての物が「安い=品質が悪い」、「高い=品質がいい」というわけではありません。
安いから買おう、高いからいいだろうという選び方ではなく、しっかり自分で良い物なのかを見極める能力と労力を要して選びます。

そうすれば無駄をなくしつつ必要なものだけを厳選することができると思いますよ♪

【関連記事はこちら】
一人暮らしでも無理なく節約する方法♡4つのポイント

優家具ドットコム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 一人暮らし初心者は初期費用の高さに衝撃を受ける!  一人暮らしをこれから始める人は、初期費…
  2. トイレから始まる大掃除!  さあさあもう12月も半分が過ぎようとしています! 早いですね〜、…
  3. 『ロフト』はいる?いらない?? ロフト付きのお部屋ってなんだかあこがれちゃいますよね〜!「う…
PAGE TOP