買うなら新鮮なものを♪おいしい野菜の選び方

毎日の食生活に欠かせないものだからこそ!

一人暮らし
みなさん、毎日野菜食べてますか?
野菜嫌いのひとも中にはいると思いますが、ほとんどのひとが毎日口にしているはずです。
実家では、いやでもお母さんが野菜を出してきたりしますが、一人暮らしではもちろんそんなことはありません。
一人暮らしでは自分で体の管理をするために、良い野菜を選べる知識を身につけましょう♪

その野菜、あなたはどんな基準で選んでいますか??
どうせ買うなら、新鮮でおいしい野菜を選んで買いたいですよね!

健康のためにも欠かさず毎日食べる野菜ですから、ちゃんとおいしいものを食べたい♡
そこで、野菜の選び方のポイントをしっかりと抑えて買い出しに行きましょう♪♪

 

葉をチェック!

一人暮らし 例:ほうれん草・小松菜・ネギ・春菊など
葉もの野菜は、緑が色濃いほど新鮮なんです♡当たり前ですが、葉っぱがしおれていたり、黄色っぽく変色しているものは鮮度が落ちているといえます。葉先がピンと伸びているものを選びましょう!
ネギの場合は、白と緑がどちらも濃く、色の境目がはっきりしているものほど新鮮な証拠です。

重さをチェック!

一人暮らし 例:キャベツ・白菜・レタスなど
丸い形をしていて葉の部分を食べる野菜は、重さで鮮度を判断しましょう。重ければ重いほど、葉がたくさん詰まっていておいしいんです♡また、見た目でも葉の色が鮮やかでみずみずしいものを選ぶようにしましょう。光沢がないものは、残念ながら水分が蒸発してしまっています。

切り口をチェック!

一人暮らし 例:にんじん・大根・ピーマンなど
こういった野菜は、葉や茎の切り口部分を確認しましょう!時間が経過したものは切り口が変色するので、この部分が黒ずんでいないものは新鮮である証拠♡さらに、その切り口の直径が小さいとやわらかくおいしいといえます。また、表面の皮にハリがないものは、収穫から数日過ぎている可能性があります。

しなやかさをチェック!

一人暮らし 例:ごぼう・大根・にんじんなど根菜全般
根菜は、長いもの・大きなものを選びがちですが、それは間違った選び方です。大きく育ちすぎたものは大味になりやすいので、適度な大きさでなおかつ太さが均一なものを選ぶのが正解◎形が均一ということは、栄養も均一に届いているということなんです。また、しなやかで弾力性があって表面にハリがあるものは、水分が蒸発していない証拠、つまり新鮮ということです。

イボイボをチェック!

一人暮らし 例:キュウリ・なすなど
実は、トゲやイボイボは野菜が新鮮な証拠!ヘタにあるトゲが鋭く、切り口がみずみずしいものを選ぶといいですよ。キュウリは手に持ったときに痛いくらいのものが新鮮です。なすなら、ヘタを確認して黒く色づいていて、これまたトゲが痛いくらいがいいでしょう。
ちなみにゴーヤはこのチェック方法に当てはまりませんので、ご注意を!

軸とカサをチェック!

一人暮らし 例:きのこ類
きのこ類は、基本的に軸が太くて肉厚なものを選ぶのがポイントです。軸や傘の裏側でも鮮度を判断することができます。例えば、しいたけは軸は太く短い、カサの裏が白く変色していなければ新鮮です。しめじは株が大きくカサにハリがあるものを選ぶといいですよ。ぬめりが特徴のなめこは、やはりぬめりが強いもの。えのきは表面のべとつきがないものがおすすめです。

“新鮮=おいしい” だけじゃない!

一人暮らし
お金を出して野菜を買うのだから、新鮮でおいしいものを選びたいと思うのは当たり前のこと。でも《新鮮でおいしい》だけじゃないメリットもあるんです。

それは、『 栄 養 価 』!!

鮮度が低く身の少ないものは、当然栄養の面でも劣っています。
せっかく健康のために自炊をしているのに、鮮度も栄養価も低い野菜を食べるのはいやですよね。
栄養のある野菜を食べてめんどうな自炊も楽しくできるはずです!一人暮らし生活の楽しみになるはずですよ♪

確かな目でいい野菜を選んで、元気に過ごしましょう!

優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です