偽物の調味料!? ”〇〇風調味料”に気を付けて!

優家具ドットコム

”本物”と”偽物”がある!?

一人暮らし 料理
日本人の食卓に欠かせない醤油やみりん。
実はこれらの調味料に偽物があるって知ってましたか?

あなたの家にある調味料の裏面のラベルを見てみてください。
そこに、『〇〇風調味料』『〇〇加工品』と書いてあったら、それは偽物なんです!!!

偽物の調味料も本物と同じコーナーに陳列されているので、実は偽物だと気付きづらいんです。
偽物は安い価格で売られているので、安さにつられてラベル表示を確認せずに買ってしまうなんてことも。

本物と売り場も同じで、見た目と味も変わらないなら、たとえ偽物でも安い方を選んだ方がいいと思うかもしれません。
でも、安い商品にはそれなりの理由があるんです!

 

“〇〇風調味料”ってそもそも何?

一人暮らし 料理
本来、しょうゆやみりん、酒などは時間をかけて発酵させて作られています。
時間がかかるということは、当然その分コストもかかります。

そこで、コストをかけずに早く製造できるよう、本物の調味料とは違う製法で偽物調味料は作られたのです。

作り方は違うけれど、より本物に近づけるためにたくさんの添加物が含まれているんです!
『グルタミン酸ナトリウム』で旨みを出し、『甘味料』で甘みをつけ、酸味を出すために『酸味料』を加える…。
さらに自然に発酵させていないため、色もよくないので『カラメル色素』で着色、日持ちも悪いので『保存料』も加えているのが、”〇〇風調味料” なんです。

昔ながらの製法で作られている調味料は、もちろん何も添加しなくても味も日持ちもします!

“〇〇風調味料” のデメリット!

では、作り方が違うだけで偽物調味料の何が悪いのか?

例えば、本物のしょうゆの原料は『大豆・小麦・塩』のみですが、偽物のしょうゆは添加物がたくさん!
安い偽物ばかりを使い続けると、味覚が破壊されてしまうことになります。
添加物たっぷりの調味料を使った料理を毎日食べ続けるのは、味覚以外にもいいことだとは考えられないですよね。

偽物のみりんは、味も調理効果も本物のみりんとは比べものになりません!
みりん風調味料で朝作った料理は、夜には色が飛んで生臭くなってしまいます。
でも、本来の製法で作られた純米みりんなら、2〜3日経っても艶がよく生臭さもないんです。

つまり、偽物の調味料では体に有益な調味料の成分が摂取できないということ。
そして配合されている添加物はゆっくりと、けれど着実に体を蝕んでいくということです。

本物の調味料の選び方

しょうゆ
原材料名に、大豆・小麦・食塩(自然海塩)と書かれているのが本物!

みりん
『純米みりん(本物のみりん)』『発酵調味料タイプ(一般的なみりん)』を選びましょう。
『みりん風調味料』と書かれているものは、原材料に米がはいっておらず発酵されていない、甘いシロップに食品添加物を加えただけのものです。

料理酒
本物の酒は基本的に米と米麹のみで、それ以外には醸造用アルコールが入っています。
また、みりんの『発酵調味料タイプ』と同じ原料で日本酒のようにしたのが料理酒になります。

 

本物の調味料で体も料理も安心!

一人暮らし 料理
一人暮らしだったり主婦の人は、できるだけ安く済まそうと考えてしまうと思います。
安売りしているからと、知らないうちに偽物を買ってしまっている人もいるかもしれませんね。
でも調味料だからとケチらないで、裏面のラベルをしっかりと確認してちゃんとした調味料を選んでほしいです。

それに、本物を使った料理は、仕上がりに歴然の差がつきます!!
偽物を使わなくなってから、特に和食料理に自信がついたという人も♡

本物の調味料を使って、健康も料理もよくしましょう!

優家具ドットコム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. あなたの部屋は “帰りたくなる部屋” ですか?一人暮らしだと、部屋が狭くて物が溢れてしまって…
  2. 風邪で熱が出たら、誰だってはやく治したい!この時期はちょっと暖かくなったり、また冬に逆戻りし…
  3. 部屋の換気はどれくらいのペースですればいいの?気が向いた時しか空気の入れ替えをしない人、…
PAGE TOP