ごわごわタオルをふわふわに仕上げる洗濯のコツ♡

いつまでも続かないタオルのふわふわ…

一人暮らし

買ったばかりのタオルって、ふわふわで肌触りがよくてとっても気持ちがいいですよね〜♡
でも洗濯を繰り返していくうちにそのふわふわ感もなくなり、いつしかごわごわタオルになってしまうんですよね…

タオルの肌触りが悪くなってしまうのには、いくつか原因があります。

例えば、タオルを洗うときに洗剤を多く入れすぎてしまったり、すすぎ時間が短いとタオルに洗剤の成分が残っていると、タオルの繊維が立ち上がりにくくなってごわごわになってしまいます。
また、洗濯した後はよく乾かした方がいいと考えがちですが、日差しが強い日や乾燥した日に長時間干すと、必要以上の水分が繊維から失われてしまいます。
実は、タオルの繊維は乾いた状態でもある程度の水分を含んでいるもの。
乾かしすぎると、その水分も失われてごわごわに…。

ごわごわしてしまってもまだ使えるタオル、そんなに簡単に捨てて新しいタオルを買ってばかりはいられません。

でも、最初の頃のあのふわふわ感が忘れられない…!!

そんなあなたに朗報です!
ごわごわになってしまったタオルを、ふわふわな状態にする洗濯のコツがあるんですよ♪♪

早速、紹介していきましょう!

 

ふわふわに仕上げる洗濯のコツ!

洗剤の使い方

汚れをしっかり落とすために洗剤をつい多く入れたくなってしまいますが、必ず適量を守りましょう!
洗剤が多いほど汚れが落ちやすくなるわけではないし、洗剤の使いすぎでタオルに洗剤の成分が残ってしまうからです。
また、洗剤が溶けきらず繊維に残ってしまうのを防ぐため(特に粉末洗剤)、あらかじめぬるま湯で洗剤を溶かしてから洗濯機に入れるのがポイントです!

すすぎはしっかりと!

充分にすすぎができていないと、タオルに洗剤の成分が残ってしまうことになります。
すすぎでのコツは、最後のすすぎのときに水40Lに対してクエン酸を小さじ1杯、あるいはお酢大さじ1杯を入れること!
こうすると洗剤のアルカリ成分を酸が中和して、繊維が固くなるのを防いでくれます♪
ただし、クエン酸やお酢を入れすぎると洗濯槽が錆びてしまうことがあるのでご注意くださいね。

洗濯ネットを使おう

洗濯機での洗い方は、タオルの繊維を寝かしてしまいやすいと言われています(特にドラム式)。
洗濯ネットに入れて洗えば、繊維が倒れてしまうこともある程度防げますよ!

タオルの干し方

干すときにもふわふわに仕上げるコツがあります!
干す前に、まずはタオルの端と端を持って10回ほど振ります。
すると繊維が立ち上がりふんわりとした肌触りに♡
乾燥機で温風に当てることでも繊維を起こすことができますよ。

柔軟剤の使い方に注意!

タオルだけでなく、洗濯物全般を柔らかく仕上げるのに欠かせない柔軟剤。
でも洗剤と同様に、適量以上を使用してしまうと繊維が柔軟剤でコーティングされてしまい、タオルの吸水性が損なわれてしまいます。
あまり頻繁に使用せず、10回に1回くらいを目安に使うのがおすすめです。
また買いたてのふわふわタオルには使用しないで、何回か洗濯をしてタオルがごわごわになってきたら柔軟剤を使用するようにしましょう!

毎日ふわふわで気持ち良く☆

一人暮らし

顔を洗ったときや、お風呂からあがったとき、タオルがふわふわだと最高ですよね♡

タオルは日々の生活で使うものなので、気持ち良く使えるように肌触りの良さはキープしたいですよね。
ちょっとした洗濯のコツで、ごわごわタオルがふわふわに復活します!

ぜひ、タオルをふわふわに仕上げる洗濯のコツを実践してみてくださいね。

優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です