一人暮らしで食費を1万円以内に抑える方法〜家編〜

一人暮らしを始めて、食費はこんなにかかるのかとびっくりする一人暮らしさんも多いと思います。
お昼ごはんと夕ごはんを500円に抑えたとしても1ヶ月で30000円かかります。

考えてみれば当たり前のことなんですが、実は「食費を20000円以内に抑える!」というのは簡単ではなく、とても難しいことなんです…
それを1万以内に抑えるわけですから、それはそれは相当な努力が必要になります。

食事を抜かず、健康的な食事をしつつ食費を抑えましょう!
今回は家でできる節約テクニックをご紹介します。

安くても健康的な食事はできる!

まずお伝えしたいのは、食費を抑える=不健康な食事ではないということ。

こう捉えてしまう人が多く、実際にそう思い込んで自ら不摂生な道に身を投じている人も多いです。
それは外食での話で自炊では通らない話です。(もちろん外食でも安く健康的なお店もあります)

外食で健康に気を使う食事をしようとすると、それは大変な出費になります。厳選された食材や油を使って丁寧に調理してくれるのですから、当然お値段も高くなります。

ただでさえ自炊よりも高い外食ですから、毎日のようにそんな外食をしていれば簡単に10万は超えてくるでしょう。
なので、安く健康的な食事をするならやっぱり自炊!自分で栄養を管理できて出費も抑えられる!

出費を抑えようとファストフード店で済ましたりせずに家のキッチンに向き合いましょう!

1万円以内に抑える家でできる節約テクニック

自炊する

自炊しなければ一人暮らし生活で1万円以内に食費を抑えることはほぼ確実にできません。
食費を抑えるなら大前提の節約方法です。

しかし何も考えずに自炊をしていても、「あれ、外食していた時とあまり変わらない…」なんて現象があります。
こうして自炊をやめてしまう人が大多数なのですが、それはものすごくもったいないことです。

安い時期や食材を見極めたり、冷凍保存や余った食材の応用を駆使してやっと食費を抑えられるのです。
よく一人暮らしでは自炊しても外食と対して出費は変わらないなんて聞きますが、それは上記のことを全く考慮せずにただ食材を買って料理して食材を余らせているだけだからです。

安いスーパーを見つけ、長持ちする食材を見極め、冷凍保存や食材や料理の応用を駆使して食費の節約が実現できます。

お弁当と水筒は毎日作る!

これを一日でも怠ってはいけません。

怠ればその日は500円前後の出費を余儀なくされます。
「忘れたのなら昼飯抜く!」くらいの気持ちでいましょう。(限界なら大人しく買いましょう)

「毎日弁当と水筒!」というサイクルを体に定着させることです。
1万円以内に抑えるカギになる習慣なので必ず習慣化させましょう。

冷凍保存を駆使する

一人暮らしにとって冷凍保存はかなり重要なテクニックです。

一人暮らしは仕事や学校に通いつつ、家事をこなさなければならないのでとにかく時間がないです。
そんな環境の中、毎日食事はさすがに無理がありますね。

そこで休日に、一気に3日〜1週間分くらいの料理を作って冷凍保存しておきます。
そうすれば夜遅く帰ってきてもレンジでチンするだけで温かいごはんが食べられます。

こうやって冷凍保存を駆使することによって、料理に費やす時間を短縮できるのです!

お茶は自分で作る

2リットルのお茶もスーパーでは100円ちょっとくらいの値段で非常にリーズナブルに手に入りますがそれでも数日で消費してしまえば大きな出費です。

お茶パックを買って自分で作れば驚くほど飲み物代を抑えることができます!
水筒生活には欠かせないので出費を抑えるなら食事だけでなくお茶も作りましょう!

野菜を自分で作る

難易度が高いですが、家で家庭菜園をするのも節約テクニックのひとつです。
今では簡単にホームセンターで安く物を揃えることができます。

しかしなかなか根気強い作業な上、枯れたら終わりというシビアな世界…。
野菜を育てることにやりがいを感じないと続けるのはなかなか難しいでしょう。

でも自分が育てた野菜の味は格別です♪

まとめ

とにかくできることを全部やってみようという5つの節約テクニックでした。
いきなり全部をやってみても挫折してしまうと思うので、まずは自炊をしていない一人暮らしさんは自炊から始めてみましょう。冷凍保存は積極的に活用します。

そこからできそうならお茶を作って、お弁当と水筒を毎日でなくても作ってみましょう。
こうして徐々に慣らしていけばきっと習慣化してきて、苦もなく節約ができているはずです!

優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です