一人暮らしさん必見!乾燥機なしで洗濯物を早く乾かす方法

「洗濯物がなかなか乾かない…」とお悩みの人に

一人暮らし

一人暮らしだと、「休みの日にまとめて洗濯をする!」という人が多いと思います。

なのに、洗濯しようと思った日に雨が降ってしまったりすると最悪!
仕方なく部屋干しをしてみても、なかなか気持ちよく乾かないんですよね〜。

特に梅雨の時期なんかは湿度が高いので余計に乾きづらく、着たい服が乾かなくて着れない!なんてことも…

一人暮らしでは、乾燥機を持っている人はほとんどいないでしょう。
かといって、雨の中コインランドリーに乾燥機だけを使いに行くのも面倒だし、せっかく乾かした洗濯物が帰り道でまた湿ってしまいそうで心配ですよね。

そんな乾くのに時間がかかる洗濯物を、ちょっとした工夫で早く乾かす方法を教えちゃいます!

バスタオルを使う

一人暮らし

洗濯物を早く乾かすためには、洗濯物から水分を取ることが重要!

乾いたバスタオルを用意し、濡れた洗濯物を広げてバスタオルに挟んでください。
さらに手で押したり足で踏んで圧力をかけて、洗濯物の水分をバスタオルに吸わせましょう。
バスタオルが湿ってきたら別のバスタオルに替えてこれを繰り返します。

そして、洗濯物をハンガーなどに吊るしておくと、思った以上に早く乾きますよ♡
これはちょっと時間のかかる方法なので、洗濯してすぐその服を着たいときには不向きです。

洗濯した翌日以降に必ず着たい服を乾かすときにやってみるのがいいかも♪

アイロンをかける

一人暮らし

衣類のシワをのばすためのアイロンですが、洗濯物を早く乾燥させる使い方もできます。
洗濯物に直接アイロンをかけるだけですが、『スチームを切る』ことと『アイロンがけOKの素材なのか確認する』ようにしてください!
洗濯物がかなり高温になるので、火傷やデリケートな生地などに行うときは注意してくださいね。

ドライヤーと袋のダブル使いで乾かす

一人暮らし

袋の中に洗濯物を入れてドライヤーの熱風で乾かすという方法。

こちらはかなり効果が高く、短時間で乾かすことができるのでおすすめです!
洗濯物を入れる袋は紙袋でもビニール袋でも大丈夫ですが、ビニール袋を使用するときは小さい穴を開けて使いましょう。蒸発した水分を逃がすための穴になります。

やり方は、袋の中に乾かしたい洗濯物を入れて、ドライヤーで熱風を送り込みます。
ドライヤーの熱風が袋の中の洗濯物全体に行き渡るように、ときどき袋を揺らすのがポイント!

この方法は、袋の中に入れる洗濯物が少なければ少ないほど効果的ですよ。

もう梅雨時期の洗濯は怖くない!

一人暮らし

いかがですか?

計画的に洗濯ができない梅雨の時期などは、このような方法で洗濯物を乾かすのもアリですよね!
乾燥機がなくても身近にあるものでできる方法なので、洗濯物が乾かずに困ったときにはぜひ試してみてください♪

部屋干しの臭いとはもうサヨナラ!簡単解決方法

2016.03.25
優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です