殺風景にならないように生活感のない部屋をコーディネートしよう!

『生活感がない』と『殺風景』の違いとは?

一人暮らし 

生活感のない洗練された部屋に一人暮らしをして、一目置かれたいと思ったことはないでしょうか!
清潔でおしゃれな空間でコーヒー飲みながら読書なんてモダンなことやってみたいですねー!

ということでシンプルにシンプルにインテリアや家具を厳選していった結果、「あれ、なんか思い描いている部屋と違う…」って悩んでいたりしませんか?
生活感のない部屋を目指していたら殺風景で寂しい部屋になっていた!

生活感のない部屋と殺風景で寂しい部屋は紙一重なんです!
少し間違えれば、「貧乏なの?」って言われてしまうかもしれません。ぐぬぬ、、それは絶対に避けたい…

ではどうすれば殺風景にならず、生活感のない部屋を演出できるのでしょうか?

生活しているのに生活感ないのがかっこいい!

一人暮らし

部屋をスッキリさせようとするあまり、家具・インテリアの配置を制限する人がいます。

もちろん、シンプルな部屋を作るのに間違った選択ではないんですが、生活感のない部屋というのは一通りの家具が揃っている部屋なのに生活感がないということなのです。
あまりにもテーブルやラグ、テレビ、ベッドなどの代表家具を排除しすぎると、生活感がないのを通り越していき過ぎてしまうんですね…

生活している部屋なのに生活感がないのがかっこいいのであって、生活してなさそうな部屋はただの殺風景な部屋になってしまうんです。

一通りの家具を揃えることをおすすめします!

色をまとめすぎてもNG!

一人暮らし

とにかく洗練されたイメージを作るために、家具・インテリアの色を統一しようとするのはもちろん正解です。

しかし、全てがホワイトなどでは、これまたいき過ぎて殺風景になってしまう場合があります。
敷物と家具で色を分けたり、クッションなどでアクセントカラーを入れるなどするとこなれたコーディネートになります♪

隠すべきは日用品たち!

一人暮らし

インテリア・家具や色はそこまで厳選しなくて大丈夫だということはおわかりいただけたと思います!
本番はここからですね!目に見えていいのはここまでです!

衣類、食器、化粧品、アクセサリーなどなど、兼インテリアとして飾っているものじゃない限り完膚なきまでに隠してしまいましょう!
目に見えているのはインテリアと家具と美しい生活用品のみということです!

反対に、殺風景な部屋で生活用品が見えていたらとても貧乏臭く見えてしまいます。
生活用品ですから生活感が出てしまうのは仕方ありません。いかに隠すかがカギですよ♪

一人暮らしでミニマリズム!6つのメリット

2016.04.25
優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です