さらなる高みへ!一人暮らし料理好きが料理上手になるための3つのコツ!

前記事では、一人暮らしの料理初心者が料理上手へとステップアップするためのコツをご紹介しました。
前回のコツをしっかりこなせば、もちろん上達するのですが、やはりさらなる高みを目指すのであればもっ努力しなければなりません。

本記事は、慣れてきてもう失敗も少なくそれなりに美味しい料理が作れるようになってきた一人暮らしさんの次なるステップです。

「普通に料理できる」から「料理が上手い人」なるためのコツです。
この差は歴然で、境界線としては人に食べてもらって「本当に美味しい!また食べたい!」と言ってもらえる、思ってもらえることでしょうか。

さすがに商売までしなくても、一人暮らしなら美味しい料理を絶対作れるようになりたいものです。

アレンジしない

一人暮らし

料理素人は勝手に基本や工程を飛ばしてしまいがちです。

「これはあんまり必要なさそうだ」と決めつけ工程を飛ばしたり、調味料を省いたり…
アレンジは料理が上手くなってきてからするものです。

最初はレシピ本に書いてある時間、食材、味付けなど、全てを正確にやりましょう。その味を確かめてからなにが足りないかなどの改善点を上げて次に活かします。

食材の下処理、ゆで時間、調味料の量、出汁のとり方など、飛ばさず必ずこなしていいきましょう!

包丁の使い方を学ぶ

一人暮らし

調理に必要不可欠な包丁。

扱いに気をつけさえすれば、素人でも見よう見まねで使えることは使えます。
しかし料理上手の包丁さばきとは大きな差がありますよね。

切りにくいお肉を潰さずにスッと切ったり、野菜を高速に正確に切ったり、職人の業です。

食材をきれいに切れることは料理の見栄えはもちろん、味にも大きく関わってきます。食材の大きさを均等に揃えないと、一部火の通りが悪かったり、食材が固くなってしまいます。

包丁さばきを本格的に学ぶと料理上手の近道ですね。

外食して研究する

一人暮らし

料理は手本が周りにたくさんあります。
自分で美味しいレストランに足を運び、色んな料理に触れるようにしましょう。

最初はどのような味付けかわからなくてもOK。
美味しいということ、食材の切り方や盛り付けを意識するだけで刺激が違います。

一人暮らしでは自炊がめんどくさくて外食する時もけっこう多いですよね。
ただ食事を済ませるのではなく、美味しい食事を探して研究してみるといいですよ♪

自信がついたら人に振る舞おう!

そんな試行錯誤をしていき、実行と改善を繰り返していけば必ず料理は上達していきます。
自分でも美味しいと思い、かなりの出来栄えだと思ったら人にごちそうしてみるとさらなるステップアップができます

料理上手の知り合いに食べてもらうといいコメントがもらえるかもしれませんね。
せっかくの一人暮らしなので家に友人や恋人を誘って自慢の料理を振る舞いましょう!

失敗と成功を繰り返していけば、必ず料理は上手くなります!
料理が上手くなると、日々の一人暮らし生活が楽しくなること間違いなしです♪

一人暮らし料理初心者が料理上手へステップアップするためのコツ!

2017.09.04
優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です