理想の部屋にしよう!ワンルームのベッドレイアウト3選!

ベッドのレイアウトひとつで部屋は変わる!

一人暮らし

一人暮らしのワンルームは配置する家具が限られてきます。

それでも様々な工夫で居心地のいい部屋や雰囲気のいい部屋を作ることができます。
その中でも一番スペースを取る家具であるベッドのレイアウトはみんな頭を悩ますことでしょう。

そこで代表的な3つのベッドレイアウトを紹介します。
自分に合ったレイアウトを見つけましょう!

窓際にベッド!

 一人暮らし

窓際に置くとスペースが確保できるのでワンルームなどの広くない部屋ではおすすめのレイアウトです。

なにより朝目覚めた時に朝日が差し込んでくるのが最高です!
デメリットとしてはベランダに出にくかったり、洗濯物が取り込みづらいです。

水平にベッド!

一人暮らし

ベッドを長手方向にレイアウトするスタイル。

べランドの出入りがスムーズになり、おすすめです。
ベッドをソファー代わりに使いテレビを見ることができます。

広くない部屋でベッドの有効活用ができてとても効率のいいスタイルですね。
大体ベッドを中心に過ごすことになるので人によっては窮屈に感じるかも。

真ん中にどかんとベッド!

一人暮らし

エレガンスに過ごしたい人は部屋のど真ん中に置いてしまってもいいかも!

「部屋に帰ってきても寝るだけ」
「他に家具も必要ない」

といった人にはおすすめのレイアウトかもしれません。
まるでホテルの一室のような雰囲気が出ますよ♪

自分に合った部屋のレイアウトは居心地がいい!

一人暮らし

いかがでしたか?

一人暮らしのワンルーム部屋でもベッドのレイアウトひとつでかなり部屋の雰囲気が変わってきますよね。
それぞれメリット・デメリットがありますが、人によってデメリットも気にならない場合があります。

自分に合った部屋のレイアウトで心地よい一人暮らし生活を送りましょう!

優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です