いざという時に楽!ミニマリスト生活の魅力はフットワークの軽さ!

ミニマリストと一人暮らしは相性がいい!

一人暮らし ミニマリスト

ミニマリストとは「必要最低限の物で生活する人」のことを指します。

一人暮らしにミニマリストの人は多いです。
ミニマリストは一人暮らしという形態に非常に適しているんです。

多くの場合一人暮らしは賃貸で、学校を卒業したり、結婚をしたりして遅かれ少なかれいつかはその部屋を離れることになるでしょう。
その場合ミニマリストであれば引っ越しやすいんです。
また、自分一人で全てを管理しているので誰かに干渉されることなく断捨離は全て自分の判断で行えるところも適していますね。

今回はミニマリスト生活におけるフットワークの軽さを実現するコツと魅力について書きました☆

ミニマリストは大きい家具・インテリアを買わない!

ミニマリスト生活を目指すなら、一度その場所に配置したらよっぽどのことではない限り動かすことはない大きい家具・家電は買わないことです。

大きいサイズのベッドやタンス、冷蔵庫などがそうですね。
こういった大きい家具・家電を買ってしまうと、引っ越す時に大変苦労します。

動かすことが億劫になるので、掃除することもなく2年過ぎていたなんてこともザラでしょう。
一人暮らしだと誰かを呼んで手伝ってもらわなければ不可能の場合もあります。

衛生的にもよくないので一人暮らしでは自分一人で扱えるサイズの家具をおすすめします!

ベッドより布団!

一人暮らし

ベッドよりもフレームを必要としない布団の方が当然扱いやすいです。
ベッドはフレームを解体したりと手間がかかりますので、引っ越しの際苦労します。

どうしてもベッドがいい場合はずっしり重量感あるものではなく軽量でロースタイルのベッドがおすすめです。
ミニマリストは三つ折りマットレスなどを好んで使っています。折りたたんだ時に簡易ソファーにもなり便利です!

さらに上級ミニマリストまでいくと寝袋になります(笑)
最大のフットワークの軽さを実現させたいならありですね。

タンスを買わない!

一人暮らし ミニマリスト

ミニマリストはタンスを必要とするほど、衣類を持ちません。
数着をクローゼットにかけ、下着やタオルを収納にしまう。

自分でアウターは5着などと決めておいて、1着買ったら手放すというルールを作れば増えることはありません。

テレビを置かない!

一人暮らし ミニマリスト

テレビがないと部屋がかなりスッキリ見えますし、実際広くなります。

テレビは当たり前ですが観るもの。ソファやベッドの対極に配置し、観る環境を整えなければなりません。
両方の壁に家具を配置することになるので当然生活スペースは狭くなり、圧迫感もあります。

パソコンで代用できるので、ミニマリストの多くはテレビを置いていません。

本棚を置かない!

一人暮らし ミニマリスト

本はとっても大切なものですが、多くなってくるとかさばりますよね。

なのでミニマリストは本を基本的に買いません。買っても紙袋に収まるくらいの量です。
書籍もデジタル化が進み、Kindleなどタブレットで読めるようになりました。
マンガなどはTSUTAYAでレンタルすることができます。

何度も読み返したいお気に入りの本だけ残し、あとは売ってしまいましょう。

ミニマリスト生活で得られる最大のメリット!

一人暮らし

これらのことを全てこなすとびっくりするほど部屋はスッキリします。
一見不便そうに見えるミニマリストには多くのメリットがあります。

引っ越しがとっても楽

物にあふれていると、自分の城のようで居心地がいいですが、そこから動くことがとても億劫になります。物が少なければ一人で運べてしまうこともできます。

災害が起きた時に行動しやすい

災害が起きた時、ミニマリスト生活は力を発揮します。
自分の必要なものは自分で全て管理できているはずです。災害時すぐに行動することができます。
また、物が落ちたり倒れたりする危険性が少ないです。

物に束縛されない

たまに物を大切にしているのではなく、執着している人を見たことはありませんか?
物を支配しているうちに自分が支配されてしまいます。

  • 物が多いためにその場所から動かない
  • 使っていないのに捨てられない
  • 買う衝動を抑えられない

どれも物に支配されているといえます。
物は幸せを助長してくれるものであって、直接的な幸せにはつながりません。

このように物があふれて見えなかった本質が見えてきます。

一人暮らしは自分だけの城のようなものです。だからこそ一人の世界に入り込み物に支配されがちです。
物よりも人と会うことを優先して、毎日楽しく過ごしましょう♪

優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です