寒い冬は暖房器具やこたつで寒さ対策!

冬をのりきる暖房器具!

これからの季節もっともっと寒くなってきます。
体が冷えると、風邪などの体調不良を起こしやすいです。

一人暮らしにおすすめの暖房器具やグッズを紹介します。冬は暖かく快適に温々と・・・。

暖房器具と言っても、かなり豊富な種類があり迷ってしまいます。
それに、どの暖房器具がどんな機能を持っているのか?どれくらいの広さを暖められるのか?疑問も多いかと思います。
そこで、これから暖房器具の紹介と説明をしますので、ご自分に合った暖房器具が見つかる参考になればと思います。

こたつ

404b6e7bfb910cf86e857ed18b6a1bb0
自宅でぬくぬくとできる、暖房器具の代表格「こたつ」!
1人専用こたつなどもあり、一人暮らしでもこたつを置くスペースには困りません。特に正方形や丸型のこたつは、一人暮らしに特におすすめです。逆に長方形や楕円形の長めのこたつは家族におすすめのこたつです。
こたつはストーブなどと違い、こたつ布団だけしまってテーブルとして使えるので、オールシーズン部屋に出しておける魅力があります。こたつは電気代がエアコンよりも高いと言われていますが、最近では省エネこたつというものがあり、1時間つけていても2円〜5円と電気代が意外と安いんです。
友人を呼んでこたつパーティなんていかがですか?
こたつの種類を紹介している記事はこちら⇒で、でた~!!!冬のs級ヒーロー、こたつ!

▼こたつの購入を考えている方は・・・
優家具300x60 バナー

電気毛布

a0990_000006
冷たい布団に入る時って、体を震わせながら恐る恐る入ってしまいますよね。
眠い時に、冷たい布団でヒヤッとすると、目が覚めてしまうなんてことも・・・。
そこで紹介するのが「電気毛布」です!

電気毛布は、値段も1000〜5000円ほどのものが多くリーズナブルで、電気代も強度を最高にした場合でもこたつの1/4しか掛かりません。最高のコストパフォーマンスを誇ります!一人暮らしの強い味方となってくれること間違いなし!

寝る少し前に、電気毛布を敷いておいて温めておくと気持ちよく布団に入れます。また、ひざ掛けとしても使えるので、冷え性の方などにもおすすめです!

エアコン


部屋全体が、すぐに暖まるのがとても魅力的な暖房器具です。
エアコンは電気代がかかる!というイメージが強いと思いますが、最近のエアコンは省エネなので意外と電気代はかからないんです。使い方で幅はありますが、1時間で3円〜35円ほどになります。設定を自動にしておけば、極端に電気代が高くなるなんてことはなくなります。
冬は洗濯物が乾きにくいですが、エアコンの風で洗濯物を乾かすといった事もできます。
ただ、乾燥したりホコリが舞ってしまうので、加湿や空気の入れ替えにも気を配りましょう!

石油ファンヒーター

47a2943e20ddaca8542062f9974f4f9e_s
石油ファンヒーターは暖房器具の王道ですね!部屋がすぐに暖まるので寒い日に重宝します。種類も豊富で、機能や電気代などはピンきりになります。一人暮らしでは、石油代や電気代の面から見てあまりおすすめできません。2人以上など、家族がいる場合などにおすすめできる暖房器具になります。

電気ストーブ


賃貸の中には石油ストーブを使用してはいけない場合もあります。
そこで、電気ストーブの登場です。
小さいし軽いので、コンセントがあればどこでも使えます。
料理する時に足元に置いたり、短時間温まりたいという時におすすめです。
ただ、電気代は結構バカにならず1時間つけておくと約26円かかります。これは電気カーペットなどの倍以上です。長時間部屋を暖める暖房器具としては、あまりおすすめできません。その場しのぎで少し使うといった場合に重宝する暖房器具と言えます。

そして、注意として電気ストーブは家事の原因になりやすいので、離れるときはかならず電源を切ることを忘れずに!

ハロゲンヒーター

bedbced5174b654d5508478bec1c6516
電気ストーブの一種で、一昔前に活躍していました。
今では、カーボンやグラファイトといった電気ストーブの影に隠れています。
電気代や使い勝手共に電気ストーブと同じ感じです。
ハロゲンヒーター自体は安く、扇風機のような見た目のため首振りしてくれます。

カーボンヒーター

3430c5f07f42c6d8096ed3773c28603c
電気暖房の中では種類がかなり豊富です。
つけるとすぐに温かくなり、体を温めたい時などに重宝します。
しかし、部屋を暖かくしようとするには少し無理がありますので、自分の体に当てて温まるといった使い方をする暖房器具です。遠赤外線のため体をしっかり温めてくれます。横に倒せるタイプもあるので、2人以上温まる場合などに重宝します。

グラファイトヒーター

88935722d8a1878b6de385844d676b65
ほとんどカーボンヒーターと同じで、亜種みたいな感じになります。
つけた瞬間に温まるのが特徴です。
やはり、電気代は高めで、カーボンヒーター同様に部屋全体を暖めるのには向いていません。
ちょっと、温まりたい時などに重宝するタイプの暖房器具です。

シーズヒーター

si-zuhita
温かくなるまで少し時間がかかりますが、体を温めるという機能においては遠赤外線のため優秀です。そして、水や衝撃などに強く耐久性があるのが特徴です。部屋全体を暖めるのには不向きで、自分一人が温まりたい時などにおすすめの暖房器具です。

パネルヒーター

bd36d87b0367c5fc32d5cac7138c207b
暖めるという点では優秀ではないですが、薄型の物が多いので足元などにおいて少し温まる程度で使う暖房器具になります。あまりパワーもないので、ちょっと足が冷えるといった時などに使えます。空気を乾燥させないので、乾燥が気になる方にはおすすめできます。

セラミックファンヒーター

seramikku
温風が出る電気ファンヒーターです。灯油のパワーにはさすがに勝てませんが、つければすぐに温かい風が出てきます。大きなドライヤーをイメージしてもらえるとわかりやすいかと思います。なので、部屋全体を暖めるのには向いてません。
最近では加湿付きのものも販売されていて、高機能になってきています。

オイルヒーター

4f4f7ab43553a30cd6fd7e6c39746500_s
オイルを温めて何枚も並んでいる鉄板に循環させることで部屋全体を暖めます。すぐに部屋が暖まらない上に、電気代が1時間で13円〜31円となかなか掛かります。安全面では優秀ですが、コストパフォーマンス的には少し残念な暖房器具です。また、空気の乾燥なども少ないので、乾燥が気になる方にはおすすめです。加湿器も一緒につかうという選択肢もありますが・・・。

 

冬はとてもお世話になる暖房器具ですが、こたつや電気ストーブなど切り忘れには火事の原因になるので十分注意して下さいね!出かける前にコンセントを抜くなどチェックしましょう!
また、身体の一部を温め続けると低温やけどになってしまうリスクもあるので、電気ストーブ系は注意が必要です。

優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です