まだまだある!一人暮らしの生活を狂わせる依存症2

優家具ドットコム

依存症は自分で気づきにくい!

一人暮らし

前記事では一人暮らしを狂わせる依存症をご紹介しましたが、まだまだあります!
自分では気づきにくい依存症もあるので、本記事を見て「そうかも?」と思ったら人に相談してみることをおすすめします。

今回は特に気づきにくい依存症3つをご紹介します!

 

買い物依存症

一人暮らし女性が特に陥りやすい依存症でしょうか。

物を買うことで生活の寂しさを埋めようとします。
しかし、当然物では完全に寂しさを埋めることなどできません。

買っても買っても飽き足らず、気づいたら部屋はバッグや服やら雑貨でいっぱいなんてことも。
質が悪いのは、買うこと自体が好きで買ってしまってから未開封のまま積み重なったりしていることです。
これがくせになってしまうと借金してまで買い物を続けたりして破滅の道へと向かっていきます。

なかなか自覚症状がないままやっていることが多いので、誰も注意してくれない一人暮らしはかなり危険なんですね。

 

スマホ依存症

もう多分若者のほとんどの人が軽度から重度までのスマホ依存症なのではないでしょうか。

いつでもどこでもインターネットを開くことができて、アプリゲームができる時代なので仕方ないといえば仕方ないのですが…
やることもやらずにダラダラとスマホいじっているようではよくないですね。

しっかりとメリハリをつけないと学校の勉強ややるべきことをおろそかにしてしまう可能性があります。

時間には限りがあるということを自覚して、スマホで遊びすぎないことが大事です!

 

仕事依存症

平日は好きで夜遅くまで仕事し、休日にも仕事のことばかり考えてしまう依存症です。
ワーカホリックという名前で知れ渡っていますね。

元々仕事が好きでなってしまう人もいるのですが、寂しさや孤独を忘れるために仕事に没頭するようになり、ワーカホリックになっていたというケースも。
特に一人暮らしでは、家に帰っても誰もいないため夜遅くまで仕事をしたり、休日も出勤してしまうこともいとわない人が多いみたいです。
一見仕事好きでなんの心配もなさそうな依存症に見えますが、体を壊すまで仕事に打ち込んだり、仕事ばかり考えすぎてうつ気味になってしまったり、仕事を失ってしまった時の反動が強すぎてかなり危ない状態になってしまうこともあります。

解決策としては趣味を作ったり、人と会う約束や遊ぶ予定を入れることが大事です。

 

孤独が依存症をおびき寄せてしまう…

一人暮らし

依存症というのは寂しさの埋め合わせのために依存してしまうことが多いので、孤独と隣り合わせの一人暮らしは特になりやすいと思います。

とにかく人と会ったり、趣味を見つけることが依存症を避ける突破口です。
何事もちょうどいい具合があるので、依存にならない程度に楽しむことが大事です!

【関連記事はこちら】
一人暮らしは特に気をつけよう!生活を狂わせる依存症

優家具ドットコム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ナスに栄養はないのか?!夏野菜代表のナスですが、瓜系の野菜はほとんどが水分で栄養はあまり…
  2. 下見をする時のポイントと気をつける事を事前に把握しておきましょう。下見に行く時は一人だけでなく、…
  3. 飲むだけで健康になれる??一人暮らしをしていると、総菜や外食ばかりで栄養が野菜不足が気になり…
PAGE TOP