一人暮らしがしばらく家を空ける時にしておくべきこと5つ!

一人暮らしが出かけると、当然家は放置状態になります。旅行や帰省など1週間以上家を空ける時は、色々と手入れをしておかないとやばいことになります。
出かける前に以下のことをしっかりとチェックしておきましょう!

入口という入口を完全に閉める!

一人暮らし

しばらくの間家を空けるこわいのは空き巣。
閉め切ってしまうと部屋が蒸してしまうと思い、小窓などを少し開けたまま出かけてしまう人がいますが、絶対にドアはもちろん窓も全て閉めましょう。

泥棒はどこからでも入ってきます。できることは全てやっておきましょう。

水周りを徹底的に掃除!

一人暮らし

長期間留守にする時に気をつけなければならない最重要事項の一つが水回りの掃除です。
これを怠ると帰ってきた時部屋は大変なことになっているでしょう。

カビや害虫トラブルに遭いたくなければしっかりと掃除しておきましょう。

お風呂は掃除して水で流してからドアを開けて換気扇を常時回しておきます。
とにかく極限まで水気がなくなるように努めます。
窓がないお風呂の場合、乾燥させるのにかなり時間を使うので出かける前はなるべく使わないようにしましょう。

シンクは確実に生ゴミを排除して捨てておきましょう。
排水口も見逃してはいけません。とにかくシンクの流し隅々まで洗剤で流してあげることが大事です。

ブレーカーは落とすな!

一人暮らし

たまに「電気使わないからブレーカーを切って出かけよう」という人がいます。

そんなことを思いついた人は忘れないでください。「冷蔵庫」の存在を…
中に食べ物が入った状態ならもう開けたくもないですよね。

冷蔵庫は稼働中で出かけるにしても中の食品はできるだけ処理して出かけた方がいいでしょう。

郵便を止める

一人暮らし

数日間ならまだいいですが、数週間、数ヶ月単位で家を開ける場合、郵便を止めておく必要があります。
郵便が溜まっていると留守だということをバラしているようなものです。

明かりをつけておくと防犯に!

一人暮らし

明かりを一つでもつけておくと防犯リスクがぐっと下がります。
しかし電気代はもちろんかさみます。

電気代をとるか、防犯リスクを避けるか、人によって優先順位は変わると思います。
でも最近はコスパのいいLED照明や、夜になったらつくタイマー照明があるのでそんなに気にならないですね。

まとめ

戸締まり、火元のチェック、水周りやゴミの処理は必ずやりましょう。
郵便を止めたり電気をつけたり防犯対策は面倒でお金がかかることもありますが、やればやるほどリスクは下がるので対策することをおすすめします。

楽しく安全に!女性一人暮らしの防犯テクニック!

2016.04.09
優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です