一人暮らしの部屋の広さはどのくらいがちょうどいい?

優家具ドットコム

一人暮らしに最適な広さは?

一人暮らし 広さ
一人暮らしの場合、経済的にあまり余裕のない、学生や新社会人の人が多いので、安く収めるために部屋が狭くなるのは仕方がないことです。

「できれば、広いところがいい!」とみんな思っていると思います。

しかし、広ければ広いだけいいのでしょうか?
その分掃除など、手入れするところは増えてしまいますし、部屋が多すぎて使えなければ家賃がもったいないですね。

一人暮らしの最適な部屋の広さとはどのくらいがちょうどいいのでしょうか!

お金を節約したい人は1Rや1K

節約したい人や狭い方が落ち着く人は1Rか1Kを選んでいるようです。
物を置くスペースや部屋を分けることができないなど、狭いなりの不便がありますが、やはり安いことが理由で選んでいます。
この広さで満足している人もいれば、お金があればもっと広いところに住みたいという人もいるようですね。

少し余裕のある人は1DK

経済的に少し余裕のある人は、1DKを選んでいるようです。
ダイニングキッチンというちょっとした食卓として居室と分けられた部屋があるので、食事と就寝を同じ部屋でしたくない人や、部屋をもうひとつとは言わないまでも余裕がほしい人は1DKをが適しているみたいですね。

1LDKは一人暮らしの完成形

居室以外にくつろぐ空間がほしいという人は1LDKがいいでしょう。
リビングダイニングキッチンという居室よりも広い居間で、一人暮らしライフをエンジョイできます。
正直部屋が1つだと、とてもソファなんて置けたものではありません。
理想のおしゃれ部屋を実現するためには、1LDK以上が求められてきます。

2LDKは広すぎ?

居室が2つとリビングダイニングキッチンがついた間取りです。
仕事部屋や趣味部屋など、寝室と作業部屋を分けたい人は2LDKを選んでいるようです。
そういう人でなけば持て余してしまうので、家賃の無駄遣いになってしまいます。

一人暮らしというよりは友達とのルームシェアや、恋人との同棲向きの間取りだと思います。

 

自分に合う広さを見つけよう!

一人暮らし 広さ

こうしてみてみると、一人暮らしの部屋の理想形は1Dkか1LDKでしょうか。
一人暮らしならば、部屋が1つと食卓があれば十分ですね!
しかし、1Rだから小さいとは限らなく、すごく広く豪華な1Rとかもあったりするので、その物件の間取りによって広さや住みやすさは異なりますね。

いろいろな物件の間取りを見て、自分に合った広さの部屋を見つけましょう。

優家具ドットコム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 物が多いというのはストレスの宝庫! 前記事では、物が多くて悩んでいる人のための生活感のない部…
  2. 引越し当日は大忙し!流れをつかんでおく事が大事。引越し当日はやる事がたくさんあって大変です。…
  3. 急な来客だけど玄関が散らかってる。。。そんな恥ずかしい経験はありませんか?慌てないためにも日…
PAGE TOP