服を最低限に抑えたい!どうやって選べばいい?

服を一着買ったらそれに合わせる服がないからまた買う…
これ以上服を増やしたくないのにどんどん増えてしまうという人は今の時代多いと思います。

ファストファッションの台頭により、服は安価で手に入るようになりました。
しかし、その影響で自分が管理しきれないほどの服を持っている人が増えてきています。

一人暮らしの部屋を広く解放的に使いたいなら、服もなるべく抑えなければなりません。
服を減らしたい、必要最低限の服で着まわしたいと思っている人は服が増えない選び方を身につけましょう。

柄・カラー・シルエットの3つをシンプルにしよう

無地を選ぶ

シンプル 一人暮らし

柄物や装飾がついた派手な服を買うとコーディネートが限られます。
結果合わせる服がないのでまた服を買うことになるのです。

なのでなるべく無地を選ぶようにしましょう。
無地のホワイトTシャツやブラックTシャツ、ワッペンや柄のないシャツやパンツなど、とにかく無地にこだわることです。
無地を買い続ければ、柄物の服がほしくなっても既存の服が一つも合わないなんてことはないでしょう。

合わせやすい色を選ぶ

一人暮らし シンプル

色によってもコーディネートは限られてきますね。
やはり派手な色はその分ファッション難易度が上がり、合わせる服も限られてきます。

色物を中心に買っている人は色物同士がぶつかり合い、上手いこと着回すことができていないのではないでしょうか。
合わせやすい服を普段から選んでいればそういった色物の服に対応できます。

合わせやすいのはやはりホワイト・ブラック・グレーのモノトーンです。
困ったらとりあえずモノトーンを選んでおけば間違いはないです。
しかし、モノトーンだけだと暗いイメージになりがちです。

そんな時はベージュ・アイボリー・オリーブなどのアースカラーを取り入れるととっても合わせやすい上にナチュラルな明るい印象になります。

これらをベースに自分の好みの色を挿してあげるといいでしょう。

シルエットはやはりスリムが合わせやすい

シンプル 一人暮らし

個人的にですが、シルエットはゆったりよりもスリムの方が合わせやすい印象です。

ゆったりだとシルエットや丈の長さにバリエーションが多いため、その分服が必要になったりします。
スリムやはシルエットがスッキリ見えるため、手っ取り早く身だしなみのいい服装をするにはもってこいです。
また、スリムなパンツを持っていれば上にオーバーサイズのTシャツを着ても合わせることができ、Yラインシルエットでとてもおしゃれに見えます。

ストレスを抱えないことが一番大事!

シンプル 一人暮らし

服を最低限に抑える服の選び方をご紹介しましたが、おしゃれするとどうしてもたくさんのアイテムが必要になりますし、おしゃれすることが楽しみならあまり制限をつけるのもよくありませんね。

人生においてストレスを抱えることが一番良くないことです。

我慢のしすぎでストレスを抱えるくらいならぱーっとおしゃれを楽しんだ方がいいでしょう。
自分で買った服を全て管理できていておしゃれを楽しんでいるならそれは大事な趣味ですよね。

しかし、自分で服を管理しきれずにクローゼットがてんこ盛り、買ったものの一度も着ていない服があるという人は整理を考えましょう。
散らかっているというのは知らず知らずのうちにストレスを蓄積しています。

見た目だけおしゃれして、クローゼットの中がめちゃくちゃなら本当のおしゃれさんとは言えません。
見えないところまで身だしなみを整えてこそ一流です!

結果的に損してない?体にも財布にも優しい節約をしよう!

結果的に損してない?体にも財布にも優しい節約をしよう!

2016.12.16
優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です