エアコンはつけっぱなしの方が電気代節約になるって本当?

一人暮らしで気になるのが電気代…

一人暮らし

特に夏と冬はエアコンを多用してしまいがちですよね。
それで少しでも電気代を節約しようとこまめにつけたり消したりを繰り返しているなんて人もいるのではないでしょうか?

しかし、エアコンはつけっぱなしの方が電気代を節約できるという話があるのです!
これが本当かどうか調べてみました!!

エアコンはスイッチをオンオフする時が最も電気を消費する!

エアコンは立ち上がりの初期運動に500〜1000W程度の電力を消費します。
その後、室温が設定温度に落ち着くと100Wほどで継続的に運転するので、こう考えるとつけっぱなしの方がお得に聞こえますね。

急激に冷やす機会を減らすことが重要!

エアコンはなぜつけはじめが一番消費量が多いのか。
それは暑い、または寒い部屋を急激に変化させるのに電力を使うからです。
オフにしてもう一度暑くなった部屋を冷やすことは電気を大幅に消費するということです。

それよりも一度冷えた部屋を維持していく方が電気代を節約できるというわけです。

ライフスタイルや住宅環境によって左右される!

場合によってはつけっぱなしがお得な時も、ちゃんと消した方がお得な時もあります。

30分〜1時間の外出ならば、つけっぱなしの方が安くなることもありますが、数時間の外出ならやはり消した方が無難。
それぞれのエアコンの性能や、物件の日当たりや気温に依存するので、みんながみんなつけっぱで電気代を節約できるとは限りません。

結果つけっぱなしはあんまり良くない!

一人暮らし

「つけっぱなし」というよりは「部屋の気温を下げる、または上げる時間を短縮する」ことが大事というわけです。

なので、巷に出回っている24時間のエアコンつけっぱなしがお得というのはウソになりますね。
あくまで住宅環境や時と場合を考えて小一時間つけっぱなしにする程度です。

やみやたらにつけっぱなしにするのは環境にも良くないのでやめた方がいいでしょう。

“エアコン掃除” が大事な理由と3つのポイント!

2016.07.07
優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です