6畳の部屋を広くおしゃれにしよう!

一人暮らし6畳部屋を広く使いたい…

一人暮らし
マンションでも一軒家でも居室の大きさって大体6畳です。

特に一人暮らしの部屋を探すとなれば、いくつもの6畳部屋を眺めることになるでしょう(笑)

6畳は生活することに不便はしませんが、
置きたいものを置きたいだけ置いてしまえばもので溢れかえってしまいます…
一人暮らしでも、ものを厳選しないとけっこう多いですよね。

6畳の部屋ではどのようにインテリアをレイアウトすればいいのでしょうか?
部屋を広くおしゃれに見せるレイアウト術をご紹介☆

6畳部屋の広く使える方法!

一人暮らし
①収納付きベッドを使う
布団よりもベッドの方がインテリアらしくおしゃれなのは確か。
私はベッド派だ!という人は収納付きベッドがおすすめ!

②仕切り棚で部屋を仕切る!
デスク側とベッド側で仕切り棚を置くとおしゃれにものを収納できます♪

③インテリアは壁際に

当たり前ですが、壁際に家具を寄せた方が部屋は広く使えます。
コの字を描くように家具を置くと、バランスが良いのですっきり見えます!
ただ、少しでも欠けると逆にバランスが悪く見えてしまうので注意!

④ベッドをソファー代わり
ソファーを置きたいのは山々ですが、かなり場所をとられてしまいます。
そんな時はベッドとテレビを向かい合わせてソファーと兼用もありです!

 

見た目も広く見せるレイアウト術!

一人暮らし
色使いやインテリアの選び方で部屋をを広く見せることが可能です!
ちょっとした工夫で、6畳を開放感のある空間に見せちゃいましょう♪

①インテリアは低いものをレイアウト!
背の高いインテリアや家具をは収納能力は高いんですが、圧迫感があり狭いという感覚を刺激してしまいます。
それが狭い部屋でなってしまったらもう落ち着いていられません…
背の低いインテリアをレイアウトすると、視界が広がり解放的な部屋になりますよ♪

②インテリアを壁色に合わせる!
インテリアの色を統一するとスッキリ見せることができるのは有名ですが、
さらに壁色にインテリアの色を合わせると、広く感じられますよ!
逆に対照的な色を合わせればインテリアを強調することができます☆

③窓際には家具を置かない
窓をふさいでしまうともちろん光は遮られ、部屋が暗くなってしまいます。
背の低いインテリアを置いても、部屋の活動範囲は光が当たらない場所に限られてしまいます。
部屋を明るく開放的にするなら窓にインテリアを置くのは避けましょう!

広々とした快適な一人暮らしに!

一人暮らし
基本は色を統一すること、壁に寄せること、インテリアを厳選することです。
これらを守って工夫していけば簡単に広々とした空間にすることができるんです!

一人暮らしの部屋はおしゃれに快適にすることで、生活の質も変わっていくので
自分を磨くつもりで自分の理想の一人暮らし部屋を作りましょう!

優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です