1LDKの部屋で楽しい一人暮らしをデビューしよう!

新生活に1LDK一人暮らしはいかが?

一人暮らし

もう学生さんは卒業でしょうか…。
これから異なる地に行って進学したり、就職する人もいることでしょう。

もう住む物件は決めましたか?
まだの人に少し1LDKについて話します。

なんでも一人暮らしの達人は1LDKに住むという!
1LDKというと一人暮らしの間取りとしては最も代表的な間取りの一つ。

物件や間取りに無知な人でも、1LDKという言葉はなんとなく聞いたことありますよね。
私は一人暮らしを考えるそれなりの歳になるまで1LDK以外知りませんでした…。

そんな無知な人でも知ってるのが1LDKです!
なぜこんなに代表格になっているかというとやはり生活するのに適した間取りだからです。

なぜ1LDKがいいのか教えましょう。

ストレスのない広々とした空間!

一人暮らしの主流の間取りはワンルームや1Kですね。
家賃が安くて大人気の間取りですが、やはり欠点があります。

それは部屋が少ないこと。
居室自体が広くても、ワンルームはキッチンと居室が同じ部屋にあります。
1Kはドアで隔てられているだけで、キッチンは廊下にあり窮屈なことが多いです。

もちろん気にならない人もいることでしょう。
家賃が安くなるので我慢できる範囲内ではあります。

しかし、ストレスフリーで広々とした生活をするなら居室の他にリビングがあった方がいいのです♪
その理由は次でご説明します!!

レイアウトの自由度が高い!

リビングと居室が分かれていると、部屋のレイアウトを組むのが自由にになります!
居室一つだと家具のなにかしらは削ることになり、なかなか思った通りにレイアウトが組めないのです…

ですが、リビングと居室が分かれていると過ごす部屋と作業する部屋で分けることができます!
一人暮らしでもリビングはやっぱりあった方がいいんです♪

生活のメリハリがつく!

過ごす部屋と作業部屋が分かれていることでのメリットが、生活にメリハリがつくことです!
分かれていることで作業部屋はより仕事や勉強に集中しやすく、過ごす部屋は他の視覚ノイズがなくなり、よりリラックスすることができます。
全てがごっちゃまぜになっていると、集中力やリラックス効果が薄れてしまう可能性があるんですね。
もちろんそんなこと関係なしで全力で集中できたりする人もいますが、分かれているに越したことはありませんよね♪

お金に余裕があるなら1LDKで!

一人暮らし 1LDK

1LDKの欠点といったら、やはりワンルームなどよりも家賃が高くついてしまうところ。
そればっかりは仕方ありません。部屋が一つ多くついてくるわけですからね。

理想の一人暮らしを目指すなら1LDKを激推しです!
経済的に余裕があるなら1LDKを借りてみてください♪

一人暮らしの部屋を高級感漂わせるコツ!

2017.01.06
優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です