面倒な引越しの荷造りのひとつ!食器の上手な梱包方法

優家具ドットコム

苦労する食器の梱包…

dishes-1348213_640
引越しの荷造りで特に面倒くさいのが、食器の梱包!
ダンボールにポイポイ詰めるのではなく、割れないように工夫しなければなりません。

引っ越しの強敵!荷作りのポイント

お気に入りのブランドだったり、プレゼントされたものだったり、思い入れのある食器ならなおさら細心の注意を払って梱包したいですよね。

そこで、自分でできる食器の安全な梱包方法を教えます!

 

緩衝材を用意する

a714d8bcb3ec83f25b7397d9e98bd832_s
ダンボールなどに詰める前に、食器は緩衝材で保護しましょう!
「荷ほどきをしたら捨てることになる緩衝材を買うのはもったいない」と思うかもしれません。
が、緩衝材を使わないと食器が割れてしまう可能性が大きくなってしまいますよ〜。
100均やホームセンター、ネットショップでも気軽に買えるので、食器の梱包には必ずプチプチなどの緩衝材を使いましょう。

 

新聞紙やタオルは使わない

その緩衝材ですが、新聞紙を使うのが定番だったりします。
でも実際は新聞紙で食器を1枚1枚包んでも、そんなにクッション性はありません
インクで手が汚れるのもマイナスポイントです。
タオルも同じく緩衝材として使用する人もいますが、これもおすすめしません。
最後の方でタオルが足りなくなってしまったりするので、タオルはタオルで荷造りして、始めから緩衝材を用意した方が余計な時間がかからなくてすみます。

 

食器はひとつずつ包む

ちょっと面倒くさいと思うかもしれませんが、食器はきちんとひとつずつ包むことが大切!
2、3枚まとめて包んでしまいたくなりますが、その分割れる可能性がアップしてしまいますよ〜!

 

ダンボールの底にも緩衝材を

食器をひとつずつ包み終わったら、次はダンボールに詰める作業です。
ダンボールの底にはあらかじめ緩衝材を入れて、運ぶときの衝撃を減らしておきましょう。

 

食器は縦入れ!

ダンボールに詰める際に注意したいのは、食器の入れ方!
食器は縦に入れた方が揺れに強くなり、割れにくくなります。
運んでいる最中は横揺れの衝撃が多く、横に入れてしまうとその衝撃を受けやすくなってしまいますよ。
コップなどは、口をつけるフチの方を下向きにして入れましょう。

 

隙間はしっかり埋める

スクリーンショット 2016-09-01 17.05.19
いくら上手にダンボールに詰めていっても、ぴったり収まることはなかなかないですよね。
できてしまった隙間にはエアーバックなどの緩衝材を詰めて、食器が中で揺れないようにしましょう!
新聞紙などを丸めて詰めても結局潰れて、また隙間ができてしまうのでやめておきましょう。

 

目立つところに『割れ物注意!』

335577
食器がダンボールに無事収まったら、最後に『割れ物注意!』と目立つところに書けば完了!
しっかりと梱包しておけばある程度の衝撃には耐えられますが、引越し業者さんにもなるべく丁寧に運んでもらうにこしたことはありません。

 

面倒でもしっかり梱包!

b9ed21feed4180553b4174ddf3d6bd3e_s
どうしても面倒な食器の梱包ですが、しっかりと梱包することが大事な食器を守ることになります。
また、万が一割れてしまったりした場合にも引越し業者とのトラブルを避けることにもなります!

いろいろ大変な引越し作業ですが、食器もしっかりと梱包するようにしましょう!

 

優家具ドットコム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 瓶の蓋がどうしても開かない!!ジャムなどの瓶の蓋が開かなくて困ったことありませんか?特に…
  2. 引越し当日は大忙し!流れをつかんでおく事が大事。引越し当日はやる事がたくさんあって大変です。…
  3. 快適さを損なわずに収納もできる!折りたたみベッドの特徴折りたたみベッドってどんなイメージですか?…
PAGE TOP