【種類別】フライパンを長持ちさせるお手入れ方法〜ステンレス〜

優家具ドットコム

長持ちするかは使い方次第!

6f319f3f65d239bb4e585ce85dcf1d47_s
フライパンを買ったら、思ったより早く買い替えることになったことありませんか?

いくら『焦げ付きにくい』『耐久性がある』と言われていても、正しく使わないとやっぱり長持ちしません!

そこで今回は、プロや料理上手な人が使うイメージのステンレスフライパンのお手入れ方法のコツをご紹介!!

 

↓↓ テフロン加工のフライパンのお手入れ方法はこちら ↓↓
【種類別】フライパンを長持ちさせるお手入れ方法〜テフロン加工〜
↓↓スキレットのお手入れ方法はこちら↓↓
【種類別】フライパンを長持ちさせるお手入れ方法〜スキレット〜

 

ステンレスフライパンについて

7bb1eff0337e5ee86fc692d55a0c2761_s
ステンレスはいろいろな製品で使われる人気の素材で、どの家庭にもステンレス製のものがあると思います。
そんなステンレスの最大の特徴は、丈夫で錆びづらいこと!
無茶な使い方をしなければ、長〜く使っていけるフライパンなんです。

熱すると冷めづらく余熱での調理が可能なので、ガス代を節約しながら料理ができるのもポイント♡
汚れも落としやすく、スタイリッシュな見た目も魅力です。

デメリットとしては、”重い” “焦げやすい”という点が挙げられますが、どちらも使い方のコツをつかんでなれてしまえば、ステンレスフライパンはとても使いやすいフライパンになります。

ステンレスフライパンはプロが使っているイメージがあるように、上手に使うのに慣れが必要なフライパンなのです。

 

ステンレスフライパンのお手入れ方法


▼焦げ付かないためには、フライパンと油をよく熱する

pan-645455_1280
ステンレスフライパンの一番やっかいなポイントは、焦げたりくっついたりすること。
焦げないように調理するには、しっかりと使い方を知っておく必要があります。

*使い方*
1. フライパンに油を垂らす。
   垂らした油はあえて広げずそのままに。
2. 強火 or 中火で加熱する。
   煙が出たら熱しすぎのサインなので注意!
3. 油が自然に広がりだしたら弱火にする。
4. 油がフライパンになじんだら、調理開始で!

 

▼なるべく洗剤は使わない
ステンレスフライパンを洗う際に洗剤を使うと、せっかくフライパンになじんだ油も落としてしまうことになります。
ある程度熱が残っているうちに、洗剤を使わずにスポンジでゴシゴシ洗うのがおすすめ!

絶対に洗剤を使ってはいけないというわけではありませんが、一般的にステンレスフライパンは食器用洗剤などを使わずに洗います。

▼焦げてしまったら、水を入れて放置!
ちょっと焦げてしまったら、フライパンに水を張ってそのまま放置しましょう。
すると、勝手に焦げが剥がれてくるんです!
それでも焦げが取れない場合は、水を入れて火にかけ軽く沸騰させ、冷めてからスポンジで擦れば簡単に落とせますよ♪

▼頑固な焦げには重曹を
なかなか取れない焦げには、水に重曹をプラスして沸騰させましょう。
冷めたらスポンジで擦り、全体をさっと洗って水分を拭き取れば OK!

 

ポイントとまとめ

e16e9511c50fa8903b83e3df23e27a0b_s
ステンレスフライパンを上手に使うにはコツが必要で、すぐに使いこなせる人もいれば、時間がかかってしまう人もいるでしょう。

ステンレスフライパンは熱伝導が悪く(=熱が下がりづらい)ので、普通のフライパンより火を弱めて調理するのが丁度よさそうです。
もちろん、調理前にフライパンと油を充分に熱することを忘れずに!

なかなか使いこなすのは難しそうですが、ポイントを押さえれば調理の幅が広がり、調理する姿がスタイリッシュになるフライパンでもあります♡

お気に入りの調理器具は長〜く使いましょう!

優家具ドットコム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 意外と知らない調味料の保存方法みなさんは、調味料をどこに保存していますか?すぐ使えるよう…
  2. ポケットコイルとボンネルコイルの違いって何?「マットレスを選ぶ時、ひとつひとつ試すのは手間も時間…
  3. お部屋の契約に必要なものってなに?契約といっても何をすればいいのか、何が必要なのか。初めての…
PAGE TOP