一人暮らしが100均を賢く活用する買い物テクニック!

100均の商品は悪いと思ってる?

一人暮らし

100円均一ショップ、いわゆる100均はご存じの通り置いてある品物のほとんどが100円という一人暮らしにとっては素晴らしい小売店です。

「でも100均のものはすぐ壊れる…」
「100均は品質が悪い」

なんて良くない話もよく聞きますよね。

でも世界的に見て、日本の製品ってすごい品質がいいって言われていますよね。

それは100均の商品も例外ではなくて、タイではダイソーが安くて品質がいいので大人気だったりします。(あっちだと100均ではないのですが…)
大体は安ければ安いほど品質が悪くなってしまうのが世の中で、日本は恐るべきローコスト&ハイクオリティを実現しているんです!

100均がその代表的な例だと思います!

もちろん高いお金を払うほど、デザイン性や使いやすさ、耐久性が良くなる確率も上がります。
しかしそんなさほど差がなかったり、もう同じじゃん!みたいなクオリティを誇っている商品を100円で変えます。

しっかりと買うものを見極めれば100均は一人暮らしにとってパラダイスになるのです!
今回は100均の賢い買い物テクニックをご紹介します!

高価でも安価でも大して変わらないものを選ぶ!

高価なものほどクオリティが高くなっていくのが世の常ですが
「これってわざわざ高いもの買う必要ある?」なんてものはとにかく安くしたいところ。

つまり100均の出番です!

例えばプラスッチックケースやタッパー、ファイルなどのプラスチック類。
よっぽどこだわりがなければ高価なものを買う必要はありません。

どんなに高くて作りが良くても耐久性は100均のものとさほど変わらないでしょう。

数がいるものは100均で!

お皿や箸などの食器類は数が必要なのでけっこうお金がかさみます。
500円の箸を3本買ったら、1500円もかかってしまいます。

いくら一人暮らしだからといってお皿1枚、箸1膳ではさすがに不自由だし、来客が来た時に対応できません。
そういった複数買わなければならないものは100均を活用するとかなり安く済みます!

お皿を10枚買っても1000円ちょっとなので、とてもありがたいですね。

消耗品をごっそりと買う!

ふきんや、アルミホイル、キッチンペーパーなど、そこまで品質にこだわらなくていい消耗品をたくさん買うといいですね。
ふきんなんて拭ければいいわけですから、高いものを買う必要はありません。
しかしラップが上手く切れないなど、著しく品質が低く使うものにならない場合は、100均じゃない方がいいですね。

100均で買うものを見極めれば上手く活用できる!

一人暮らし

お金をかけなくてもいいところはとことんかけずにやりくりするのが一人暮らしの心得です!
100均を賢く活用して少しでも一人暮らしの生活費の節約をしていきましょう!

100均で買える!一人暮らしの料理を格上げするスパイス

2016.08.20

実は高い!? 100均で買ってはいけない商品

2016.07.10
優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です