野菜の切れ端を水耕栽培!”リボベジ”で節約&おしゃれなインテリア

優家具ドットコム

“リボベジ” ってなに??

still-life-839898_1280
リボベジとは『リボーンベジタブル(reborn vegetable)』の略。つまり、再生野菜という意味です。
本来なら捨ててしまうはずの野菜の芯や根っこなどの切れ端部分を、水を張った容器に入れて水耕栽培をすると…。
それだけで、ぐんぐん成長していくんです!!

もちろんある程度まで成長したリボベジは食べることもできますし、最近ではその育つ様子がかわいい!とSNS上で大流行しているんですよ〜。
リボベジすることによって繰り返しその食材を食べることができ、しかも観葉植物のようにおしゃれなインテリアとしても楽しめてしまうんです♪

そんなリボベジ、ほとんどお水だけで簡単に育てられるので、庭やベランダも必要なし!肥料をあげたりする手間もかからないので、一人暮らしで部屋のスペースがない人でもすぐに始められるのが魅力です♡
さらに野菜の切れ端を利用するので、経済的で生ゴミも減るというメリットもあります。

簡単に育てられて、インテリアにもなって、最後はおいしく食べられる。
そんなエコでおしゃれなリボベジ、早速始めてみませんか?

 

リボベジ=水耕栽培の基本

リボベジの育て方は、びっくりするくらい簡単!

野菜の根っこや芯、それにヘタの部分をいつもより少し大きめに切ります。
それを水を張った容器に入れ、直射日光は避けつつ日当たりのいい場所に置いておくだけでOK!
野菜全体を水につけるのではなく、上から半分は空気に触れるようにしておきましょう。野菜全体が水に浸かっていると、新しい葉が出てこなくなってしまいます。
水は1日1回取り替えればOK。1週間から10日ほどで葉が出て食べられるようになりますよ♪

水耕栽培する容器はペットボトルでも野菜が入っていたパックでもなんでもいいのですが、せっかくならかわいいおしゃれな容器を使って、すてきな緑のインテリアとしても楽しんじゃいましょう♡

 

どんな野菜が “リボベジ” できるの?

水耕栽培できるおすすめの野菜を紹介していきます。
ここで紹介する以外にもたくさんあるので、よく食べる野菜やインテリアとして葉っぱの形が気に入るものなど、いろいろ試してみてくださいね。

にんじんや大根、かぶ
orange-2794_1280
水耕栽培初心者さんには根菜がおすすめ!
新しい葉が生えやすいので、リボベジの成長を楽しむことができます。

野菜のの頭の方を2〜3cmくらいに切って、水の入った容器に入れます。水は実の部分が半分浸かる程度の量で大丈夫です。

1週間ほどで葉が出て、ぐんぐん伸びてきます。にんじんは、オレンジとグリーンでカラフルな色合いがキュートです。
成長した葉を食べずにそのまま育てていくと、立派な花が咲いたりするのでそこまで成長を見守ってみるのもいいですね。

 

豆苗
5a629657c49b8ab7088e31925fd44204_s
豆苗を水耕栽培して繰り返し収穫するのはもう定番ですよね!

根っこの部分を水に浸しておくと、7〜10日ほどで再度収穫できるようになります。
一度収穫しても、再び新鮮な水に浸けておくと、また収穫できるようになります。
何度も買わなくて済むので節約になりますね♪

 

セロリや水菜
47c797b253d51f906425471648db272f_s
これらの野菜も水耕栽培できるって知ってましたか?
リボベジのやり方は豆苗と同じ。根っこの部分を切って水に浸けて1週間ほどで新しい葉が伸びてきます。

 

チンゲンサイ
ebfb521194112bd8c1f269beb7f24d7c_s
チンゲンサイだって、根元を切って水に浸けておくと、真ん中からミニサイズのチンゲンサイが育ってきます。見た目がかわいらしいので、インテリアとしても癒されそうです♡

 

ネギ
11f10443ba3f4189f45a66b1858cc120_s
万能ネギなど、ネギ全般でリボベジが可能です。
ネギを水耕栽培する場合は、直射日光を避け日陰で育てるよう注意してくださいね。
「もっと大きく育てたいな」という人は、プランターに植え替えるt、水耕栽培より大きめに育ちます。

 

ハーブ類
basil-932079_1280
一度に大量には使わないけど、サラダや付け合せに頻繁に登場させたいクレソンやバジル、セージなどのハーブ類。
これらも水耕栽培が可能なので、リボベジで節約して日常的に使いましょう!
ハーブは生命力が強いので、ぐんぐん伸びてくれますよ。

 

ひとつで2度、3度おいしい♡

vegetables-742095_1280
いかがですか?リボベジ、すごいですよね!

本来捨てるはずの野菜の切れ端で、インテリアとしても楽しめて、そのうえ再収穫までできてしまうリボベジ。
食費の節約にもなるので経済的生ゴミが減るのでエコ、しかも観葉植物をわざわざ買わなくても癒しを与えてくれるなんて、こんなにいいことづくめならすぐにでも始めたくなりますよね〜!

ひとつで何度も楽しめるリボベジ、ぜひ試してみてください♡
☆こちらの記事もチェック☆
買うなら新鮮なものを♪おいしい野菜の選び方
一人暮らしにも癒しを♡育てやすいエアープランツのススメ

優家具ドットコム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 洗濯してないそのタオルケット、実は…!タオルケットはソフトな肌触りと優れた吸湿性があるので、…
  2. 賃貸物件の構造って気にしてる?賃貸物件を探すとき、みなさんいろいろな条件があると思います。…
  3. 一人暮らし初心者は初期費用の高さに衝撃を受ける!  一人暮らしをこれから始める人は、初期費…
PAGE TOP